【業務用・個人利用どちらもおすすめ!】警察・官公庁・法人からの導入実績も豊富な検知精度の高いアルコールチェッカー(アルコール検知器)を厳選!

酒気帯び運転と判断されるアルコールチェッカーの数値とは?

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/04/19


飲酒運転が社会問題となり、厳罰化されてから一時は減少に転じていましたが、ここ数年は下げ止まりの傾向にあります。飲酒運転は一人ひとりの意識で撲滅できるものです。しかし、飲酒してからどのくらいの時間が経てば、安心して運転できるのでしょうか。詳しいアルコール濃度の数値とともに、酒気帯び運転と酒酔い運転の違いや罰則を確認しましょう。

酒気帯び運転と判断されるアルコールチェッカーの数値

昨晩飲みすぎていなくても、運転してよいかどうか悩んだことはありませんか?このようなときはどう判断すればよいでしょうか。数値として表れるアルコールチェッカーがあれば、客観的に判断できて便利です。

アルコールチェッカーとは、息を専用の機器に吹きかけ、呼気中のアルコール濃度を検知する機器を指します。近年では運送業者向けの業務用だけでなく、一般用に安価なものも販売されているようです。酒気帯び運転の検挙の対象となる、アルコール濃度の数値を詳しく紹介しましょう。

酒気帯び運転と酒酔い運転の違いとは

飲酒運転には「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」の2つに分けられており、それぞれ明確な違いがあります。酒気帯び運転とは、呼気1L中のアルコール濃度0.15mg以上で運転することです。
酒酔い運転とは、受け答えがうまくできない、ふらふらしてまっすぐ歩けないなど、客観的に見て酔っていると思われる状態で運転することで、呼気中のアルコール濃度は関係ありません。たとえアルコール濃度が0.15mg未満であっても、酔っていると判断されると検挙の対象になります。

アルコールチェッカーの数値をどう判断するか

それではアルコールチェッカーを使用し、セルフチェックをする場合はどう判断すればよいでしょうか?
上記のとおり、アルコール濃度0.15mgの判定が出れば酒気帯び運転と判断されますが、0.15mg未満でも必ずしも安心とはいえないため、注意が必要です。

酒気帯び運転した場合の罰則

飲酒運転の罰則については道路交通法第65条で明記されています。

罰則

・酒気帯び運転:3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
・酒酔い運転:5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

違反点数

・酒気帯び運転のうち、呼気1L中のアルコール濃度0.25mg以上:25点
欠格期間2年の免許取り消し処分に該当します。

・酒気帯び運転のうち、呼気1L中のアルコール濃度0.15mg以上0.25mg未満:13点
通常15点で免許取り消しになるので、累積点数が2点あれば即免許取り消しになるのです。

・酒酔い運転:35点
欠格3年の免許取り消し処分に該当します。

また運転者だけでなく、同乗者や車両提供者、酒類提供者にも罰則が定められているのです。

・運転者が酒酔い運転:3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
・運転者が酒気帯び運転:2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

このように自分だけでなく、周囲の人間にも迷惑をかけることになるため、自分勝手な判断で飲酒運転をしてはいけません。さらに人身事故を起こしてしまったら「自動車運転過失致死傷罪」「危険運転致死傷罪」の2つの刑罰も科せられます。

少しくらいなら平気と思わずに、飲酒したら運転しないことが大切

アルコールは脳の働きを麻痺させ、運転にさまざまな影響を及ぼします。運動神経を麻痺させるため、ハンドル操作やブレーキ動作を誤りやすくなるのです。集中力や注意力が低下し、運転が乱雑になるケースも散見されます。

さらに気が大きくなり、スピード違反や信号無視など、危険運転につながるリスクも高まるでしょう。人身事故を引き起こせば、他者の命を奪ってしまうかもしれません。そうなると被害者だけでなく、あなたの家族にも迷惑がかかります。社会的立場や財産を失い、まさに一生を棒に振るかもしれない重大な犯罪なのです。

酔っている感覚がなくても数値として出るかもしれませんし、運転技術やアルコールに強いかどうかは飲酒運転に関係ありません。アルコールは本人の意思に関係なく、運転に影響を与えます。「少し寝たから大丈夫」と判断することも大変危険です。

過去には、仮眠を取ってから運転した、深酒した翌朝に運転したケースでも検挙されています。飲んだら絶対に運転してはいけません。時間が経っていても、アルコールが体内に残っている可能性があるからです。自己判断でハンドルを握らず、代行運転を頼むか、公共交通機関を利用しましょう。

 

飲酒運転は自分には関係ないと思っていないでしょうか。事故さえ起こさなければよいというものでもありません。飲酒運転の撲滅は、飲酒するすべての人の義務です。ついつい飲みすぎてしまった翌日などは、運転してもよいものか悩みますが、アルコールチェッカーは数値として表れるため、客観的な判断に役立ちます。インターネットでも購入できるため、お酒の好きな方、車やバイクを運転する機会の多い方は、取り入れてみてはいかがでしょうか。自己判断で飲酒運転をすることがないようにしたいものです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧