【業務用・個人利用どちらもおすすめ!】警察・官公庁・法人からの導入実績も豊富な検知精度の高いアルコールチェッカー(アルコール検知器)を厳選!

ALC-PRO(東海電子株式会社)の画像

商号 東海電子株式会社
設立年月日 昭和54年11月16日
代表者 杉本 一成
資本金 87,987,000円
従業員数 112名(平成27年9月期)
業種 業務用電気機器製造
事業内容 業務用アルコール測定器の製造、販売、サポート、その他、電子機器の製品設計、製造。
主な取引先 日通商事株式会社(東京都)
矢崎エナジーシステム株式会社(東京都)
株式会社デンソーソリューション(東京都)
西鉄エム・テック株式会社(福岡県)
株式会社工房(埼玉県)
株式会社テレコム(神奈川県)
名鉄EIエンジニア株式会社(愛知県)
株式会社NTTドコモ 東海支社(愛知県)
株式会社リオス(岡山県)
株式会社システムオリジン(静岡県)
他、交通関連企業18,000社以上
おすすめポイントラインナップが豊富で故障への対応・サポートも完璧

東海電子株式会社はアルコールチェッカーの製造・販売・サポート全般を一貫体制でおこなう会社です。静岡県に本社と2つの工場を構えており、業界では中堅規模と言えます。

豊富なオプションを展開する「ALC-PROⅡ」、車載搭載型の「ALC-ZERO」、点呼システムと連動したアルコールチェッカーなど多彩なタイプの製品を販売。特にスタンダードなタイプであるALC-PROⅡは、DOT(米国運輸省)に高品質を認定されるなど国外からも高い評価を受けています。

製品情報一覧表

商品画像
商品名ALC-PROII
エーエルシープロツー
ALC-ZEROⅠ
エーエルシーゼロワン
ALC-miniIV
エーエルシーミニフォー
ALC-Pico
エーエルシーピコ
ALC-MobileII
エーエルシーモバイルツー
タイプ設置型設置型設置型携帯型携帯型
設置型
測定方式マウスピースマウスピースマウスピースマウスピースマウスピース
検知方式半導体ガスセンサー
および燃料電池センサー
燃料電池センサー燃料電池センサー燃料電池センサー燃料電池センサー
サイズ記載なしコントローラー
高さ176×幅34×奥行108(mm)
本体
高さ134.5×幅235.4×奥行241.5(mm)
高さ158×幅60×奥行23(mm)高さ150×幅65×奥行40(mm)
重量本体:約1.3kgコントローラー
約235g
本体:約1,150g
約185g
乾電池含む
約270g
乾電池含む
データ記録付属アプリケーションに最大5年分端末/PCでデータ保存PCでデータ保存×PCでデータ保存
センサー交換目安使用後6ヶ月または60,000回使用使用後6ヶ月の1週間前に音声でお知らせ使用後12ヵ月、または15,000回使用使用後1年または1,500回使用使用後1年
保証期間お買い上げ日から1年間記載なしお買い上げ日から1年間お買い上げ日から3ヶ月間記載なし

アルコールチェッカーの種類

ALC-PRO(東海電子株式会社)の画像

アルコールチェッカー

東海電子のアルコールチェッカーは設置型としてバス会社を中心に人気があります。機能性や品質は優れていますが、初期費用と維持費用が高いため、選定時にはコストがネックになるかもしれません。マウスピース式専用、もしくはマウスピースと吹き込みのデュアル方式に対応しているものがあります。使いやすい方を選ぶと良いでしょう。

ALC-PROⅡ

ALC-PROⅡの画像

東海電子のスタンダードな製品です。測定から記録、管理までを一台でこなせるトータルシステムとして人気で、DOT(米国運輸省)に高品質認定を受けるなど、その性能は国外でも評価されています。検査方法はマウスピース式(個人専用)で、センサーには半導体式・燃料電池(電気化学)式の両方を採用。業界最高水準のアルコール検査を可能にします。

1年~5年間分の検査結果をパソコンに自動保存できるのでいつでも過去の記録を閲覧したり、プリントアウトすることができます。さらに免許証を利用して検査をおこない、記録を個別管理するので、無免許運転も防止できます。

また、ALC-PROⅡ用のオプションとして、IC免許証、血圧計連動、ミニプリンター、パトライトを提供中です。

ALC-ZERO

ALC-ZEROの画像

全国15,000か所以上の事業所に実績を持つALC-ZEROシリーズ。その最大の特徴は、車載型アルコールチェッカーである点です。アルコールを検知すると車のエンジンがかからず、実質運転不可能になります。わずか4ステップで簡単に検査できるだけではなく、一定時間中であれば再検査不要になる「フリータイマー機能」、「抜き打ち検査機能」、緊急時は検査なしで車を動かせる「オーバーライド機能」の3つの便利な機能が付いています。

また、ALC-ZEROⅡはカメラとSDメモリーカードによる保存機能を標準装備しているので、不正防止にも役立ちます。

ALC-miniIV

ALC-miniIVの画像

美しい曲線とすっきりとしたコンパクトなフォルムが特徴の設置型アルコールチェッカーです。IC免許証をかざすだけですぐに検査でき、検査結果もその場で印刷できます。燃料電池(電気化学)式のセンサーなので誤認識もなく正確に測れます。

ALC-MobileII

ALC-MobileIIの画像

泊まり勤務、長時間勤務時に使いやすいのがこのタイプ。スマホと接続すれば、写真とGPS情報付きの検査結果が残るので、事務所から離れていてもいつ・どこで・誰が検査しているかがすぐに分かります。

携行型なので、コンパクトなうえ丈夫に設計されています。高精度な燃料電池(電気化学)式を搭載しているので、小さくても品質は高いままです。

ALC-Pico

ALC-Picoの画像

燃料電池式(電気化学)センサー搭載のハンディ型アルコールチェッカーです。社員全員に携帯させ、出勤前のチェックを徹底することもできます。燃料電池式(電気化学)センサーを搭載しているにもかかわらず比較的安価な値段で購入できるのも魅力ですね。

ALC-Picoの口コミや評判

晩酌する職業運転手としては欠かせない一品

職業運転手ながら帰宅後晩酌が欠かせない私にとって、今では手放せないものになってしまいました。
出勤前に一吹き。出勤時飲酒検査時のドキドキ感が一掃されました。
ALC-Picoはハンディ機でコスパもよく、なんせ校正が15000回使用及び2年間で14000円の更新費用で使えるという、安心を買うに安い買い物と思いました。
私の場合、ALC-Picoで自宅出勤前にアルコール数値が出た場合、その日は年休処理をお願いして出勤しない事に決めてます。
酒を断てればこの上ない事ですが、職業柄、16時間拘束など不規則で、どうしても寝酒の晩酌が欠かせません。
家族の生活を守るためにも、晩酌する職業運転手としては欠かせない一品と感じました。
あと、後々の校正やトラブルの為にも、メーカー直の東海電子さんで購入されることをお勧めします。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/

→職業運転手と言えど、お酒が好きな方は大勢いらっしゃいます。
お客様の命を預かるという緊張感を感じながら仕事をしているからこそ、ゆっくり晩酌して仕事のストレスを発散したいですよね。

こちらの投稿者さんは、自宅で検査をして、万が一アルコール数値が出た場合は出勤しないことに決めているそう。
そうすれば、会社の検査で数値が出て昇進等に影響を及ぼす、なんて心配もありませんね。

個人向け最強!会社と同じメーカーの検知器

バス運転者です。当社では出勤時のアルコール検査で0.05mg以上検出されると当日欠勤扱い、後日本社教育となります。さらにその後の人事査定やボーナス査定にも響き、場合によっては在職する事すら厳しくなってしまいます。定年まで働く事を前提とし、生涯賃金で考えるとアルコール異常数値を出してしまうと大損になってしまいます。

この価格&性能で自宅にて予備検査が出来るのは凄いです!ハッキリ言って安いです!
前の方が自分と同じ気持ちを書いてくださったので、レビューは割愛させて頂きます。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/

→ALC-Picoはハンディタイプのアルコールチェッカーです。燃料電池式でセンサー搭載なのに価格が比較的安いという特徴があり、企業が社員ひとりひとりに持たせて出勤前にチェックしてもらうなんてこともしやすいです。

それから、こちらの投稿者さんのようにバス運転者の方も安心して利用できる精度があるみたいですね。価格や性能にも満足されているのが伝わってきます。製品に興味を持ったという方は公式サイトを閲覧してみましょう。

点呼+アルコールチェッカー

Tenko-PRO2

Tenko-PRO2の画像
事務所・オフィスから離れた場所でも点呼しながらアルコールチェックできるシステムです。点呼動画の記録と保存、点呼記録簿を自動で作成してくれます。

・テレ点呼…中長距離ドライバー、高速・貸切バスのドライバーを抱える事業者向け。点呼とアルコールチェックを動画でおこない、データをクラウドに保存できます。

その他の製品

・点検キット…アルコールチェッカーが正常かどうか日常点検をおこなうのに便利な点検キットです。点検スプレー、ガイドブック、点検記録簿が入っています。

実績

ALC-PRO(東海電子株式会社)の画像

東海電子のアルコールチェッカーは、2014年1月時点で全国1万6,000社、3万1,000か所以上の事業所で利用され、多くの信頼を集めています。

ALC-PROIIはALSOKや日本交通産業株式会社(タクシー・バス)、浜松バス株式会社、都バス(東京都交通局)など、公共機関にも積極的に活用されています。公式サイトには700を超える会社名がずらりと並び、誰もが聞いたことのある名前も多数含まれています。豊富な実績があるので安心できますね。

ALC-PRO(東海電子株式会社)の画像

ALC-PRO(東海電子株式会社)

ラインナップが豊富で故障への対応・サポートも完璧

公式サイトで詳細を見る

故障トラブルに対応してくれるサポートも完備

ALC-PRO(東海電子株式会社)の画像

東海電子は困ったときに頼れる製品サポートを完備しています。問い合わせは、平日は24時間受け付けているので、故障・操作・修理でお困りの際は、こちらのサポートを利用すると良いでしょう。

公式サイトでは、対処法、よくある質問をまとめて紹介。各種取扱説明書は公式サイトからいつでもダウンロード・確認が可能です。

また、東海電子は有償で各種製品の定期メンテナンスも引き受けています。定期点検・メンテナンス時も安心です。

製品シミュレーションで迷わない!

ALC-PRO(東海電子株式会社)の画像

東海電子株式会社の公式サイトでは、「製品シミュレーション」のページが設けられています。このページでは、ニーズに合ったぴったりの製品を提案してくれます。

「事務所・社内で使用したい」、「検査結果をデータでまとめて管理したい」などの条件がページに書いてあるので、あとは希望の条件にチェックを入れるだけ!その場で簡単に条件を満たす製品が見つかるので製品選びに時間がかかりません。

どのタイプのアルコールチェッカーを選べば良いのか迷われている方にもぴったりです。

セミナー・展示会に参加してみよう

東海電子株式会社は、全国1万6,000社、3万1,000か所以上の事業所で利用されるアルコールチェッカーの生みの親です。特に、DOT(米国運輸省)に高品質認定を受ける「ALC-PROⅡ」、アルコールを検知するとエンジンがかからないシステムになっている車載型アルコールチェッカー「ALC-ZERO」は運送会社、タクシー・バス事業者などに多く選ばれています。

東海電子は、全国各地でセミナーや展示会をおこなっています。製品に興味をお持ちの方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

東海電子株式会社のアルコールチェッカーを利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

会社と同じものを購入

主人の勤めている会社が こちらの会社の業務用アルコールチェッカーを使用しています。
やはり アルコールチェックは会社へ行く前に必要ということで、ハンディータイプの物を購入しました。
本日到着。さっそくお試しにアルコールを飲まない状態と 350缶飲んだ後でチェック。
直接マウスピースで吹き込むタイプなのでいいですね。
主人はドライバーの仕事をしていますので、0.01でも出るとその日仕事をさせてもらえないどころか、クビもあり得るとのこと。
今の仕事を定年まで続けて欲しいということから 少々お高いですが購入しました。安心のために 安いものではなく信頼のできるものを購入できたのでよかったです。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/

→大黒柱として家計を支えてくれているご主人。
就業前のアルコールチェックで万が一酒気帯びの判定をされたら、最悪の場合クビになってしまうことも。
ドライバーの仕事をしている方の奥様は、ご主人が飲酒をされるたびにドキドキしてしまうかもしれません。

こちらの投稿者さんは、ALC-PROを会社でも使っているということで、信頼して購入したそうです。
家で酒気帯びでないことを確認出来るので、毎日安心してお見送りすることができますね。

サイト内検索
記事一覧

おすすめアルコールチェッカー!

イメージ
会社名
おすすめ商品
SOCIAC α/SOCIAC αNEXT
(中央自動車工業株式会社)
ALBLO FC-900
(株式会社タニタ)
フーゴプロ FALC-11
(フィガロ技研株式会社)
ALC-PROⅡ
(東海電子株式会社)
AC-015
(株式会社東洋マーク製作所)
おすすめポイント警察の飲酒検問にも使われる品質と実績!信頼できる検査が可能レンタルもOK!測定器のブランドメーカー半導体式センサーの生みの親!圧倒的な技術力を誇るラインナップが豊富で故障への対応・サポートも完璧EN規格(欧州規格)からも認められる実力の持ち主
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく