【業務用・個人利用どちらもおすすめ!】警察・官公庁・法人からの導入実績も豊富な検知精度の高いアルコールチェッカー(アルコール検知器)を厳選!

検知精度の高い【法人・個人利用】どちらにもおすすめなアルコールチェッカーをご紹介!

皆さんこんにちは!当サイトは、これからアルコールチェッカー(アルコール検知器)を導入・利用したいとお考えの方向けに、アルコールチェッカーの情報を比較し、まとめた情報サイトです。

アルコールチェッカーとは、息を吹きかけるだけで簡単に呼気中のアルコールの濃度を数値でチェックできる機械のこと。アルコール検知器とも呼ばれており、飲酒運転防止のため、運送業や交通業など乗り物を運転する職業の方々にはなじみ深い検知器かと思います。

当サイトでは検知精度の高いおすすめのアルコールチェッカー(アルコール検知器)をおすすめ形式でご紹介しています。ぜひ、商品選定の参考にお役立てください!

アルコールチェッカーとは?使い方も確認!

国内では飲酒運転による交通事故が後を絶たず、これまでたくさんの方が事故の犠牲になっています。この悲しい事故を防ぐため、2007年9月から飲酒運転の罰則強化、そして2011年5月から運送事業者はアルコールチェッカーの使用と結果の記録を残すことを国土交通省より義務付けられています。

アルコールチェッカー(アルコール検知器)とは飲酒運転の防止に役立つアイテム。アルコールを感知するセンサーに向かって息を吹きかけると、呼気中のアルコール濃度を測定し、数値化して表示する機械です。

どのメーカーも基本的な使い方はあまり変わりません。最近では個人の方でもアルコールチェッカーを携帯する方も多いようですよ。

アルコールチェッカー選びの3つの基準!

選び方①使用目的【設置型・携帯型・簡易携行型】

アルコールチェッカー(アルコール検知器)には主に設置型・携帯型・簡易携行型の3種類があります。どれを選べば良いのかお悩み方のために、それぞれの特徴をまとめてみました。

設置型

設置型は自宅や事務所・会社に設置して使うタイプのアルコールチェッカーです。据え置き型と呼ばれることもありますね。

最近では、PCと接続して結果を記録したり、プリンターと接続して結果を印刷できる製品も登場しています。

運送業などで発車時間にばらつきがある場合は、高性能な製品が多い設置型がおすすめです。運行管理、ITシステムと連携できるようなものだと後々管理が楽になりますよ!

携帯型

携行型は、場所を選ばずどこでもチェックできるのがメリットです。急な運転にも対応できるのが便利ですね。

コンパクトなサイズに設計されているため、ポケットに入れて持ち歩いても苦になりません。事務所はもちろん長距離ドライバーや、自宅でのチェックに向いています。

スマホやPCと接続できるものはもちろん、アルコールチェッカー本体に記録を残しておけるもの(数十件~数千件)、設置型と兼用できるものといった種類があります。

簡易携行型

アルコールチェッカーの中で最も価格が安い(~5,000円)のが簡易携行型です。設置型・携帯型に比べると海外製も多く、精度や機能は劣りますが、個人で携帯するのに適したサイズと価格がうれしいですね。

ちなみに、簡易携行型はセンサーの交換ができないため、使い捨て製品であることにも注意しましょう。お酒好きの方なら特に、プライベートでの使用にも十分役立つのではないでしょうか。

選び方②測定精度【生産国・センサー方式・半導体式・燃料電池(電気化学)式】

さて実際に使用するとなると、本当にしっかりと測れているのか、測定の精度が気になる方も多いと思います。アルコールを感知するセンサーには国産か海外製かというだけでなく、半導体式と燃料電池(電気化学)式の2つのパターンがあります。

それぞれの特徴やメリット・デメリットを確認してみましょう。

半導体式ガスセンサーの特徴やメリット・デメリット

半導体は周りの酸素量が減ると、電気抵抗値が変化する性質を持っています。半導体ガスセンサーは、半導体の表面にアルコールが吸着して酸素量が少なくなることで電気の抵抗値の変化量を計測し、アルコール濃度をチェックします。

安く購入でき、測定にあまり時間がかからないのが魅力です。

半導体式は価格が安く、さまざまなメーカーから商品が販売されています。しかし、安いものは精度が悪く、正確に測れない場合があります。加えて価格が安いほど、検査結果を保存できる製品が少なくなる点もデメリットと言えるでしょう。

より正確に測れるようにしたいときは、ストローやマウスピースを利用することをおすすめします。

燃料電池(電気化学)式ガスセンサーの特徴やメリット・デメリット

燃料電池(電気化学)式ガスセンサーは、呼気中のアルコールを検知極で酸化させ、それによって変化する電流の強さをもとにアルコール濃度を測定する仕組みです。

タバコの煙やガム(キシリトール)、薬など、お酒以外の影響を受けにくく、正確な検査結果が得られるのが燃料電池(電気化学式)式のメリットです。

デメリットは、大型になり携行しにくいものが多い他、メンテナンスにコストがかかる点、本体価格が高価なものが多い点が挙げられます。

もちろん、どちらが良いというのは一概に決められるものではありません。どちらにもメリット・デメリットは存在するので、どちらが最適なのか、ニーズを踏まえて選ぶと良いでしょう。

選び方③使用方法【吹きかけ式・ストロー式・マウスピース式】

吹きかけ式とは?

吹きかけ式とは吹き込み口に息を吹きかけて使うタイプのアルコールチェッカー(アルコール検知器)です。

ストロー式とは?

ストロー式は、差込口に市販のストローを差し込み、ストローを咥えて息を吹き込み使用するものです。吹きかけ式よりも周囲の空気の影響を受けにくく、息を逃しにくいため精度が高いのが特徴です。

マウスピース式とは?

マウスピース式は、専用のマウスピースアタッチメントが付属している場合が多く、マウスピースを使用して息を吹き込みます。こちらも吹きかけ式よりも精度は高いです。

このように一重にアルコールチェッカーと言っても、使用方法や求める検知精度、付属品等の違いによって種類は異なってきます。

アルコールチェッカーの機器価格・導入維持費用の相場は?

使用しているセンサー(半導体式・燃料電池(電気化学)式)によって本体価格が異なることは上記でお伝えしましたが、具体的な相場費用がいくらなのか調べてみました。

安価な半導体式の場合は、数千円~2万円以内で入手可能です。製造コストが安く、メンテンナンスにもお金がかからないため、この価格で手に入ります。

反対に燃料電池(電気化学)式は、3万円以上出さなければ入手困難でしょう。設置型でプリンターとセットのものであれば10万円以上かかるケースも。

ただし、購入するときは、本体価格だけではなく維持費や買い直しの頻度などさまざまな事情を踏まえて考えるべきでしょう。そして、最も重要なのは検知精度であることを忘れてはいけません。

アルコールチェッカー導入にあたり、最も重要視するポイントは?

ここまで高精度なアルコールチェッカー(アルコール検知器)について紹介してきました。そこで、アルコールチェッカー導入にあたり、最も重要視するポイントについて、一般の方に独自にアンケート形式で調査をしてみました。

調査の結果、半数の方が最も重要視するポイントとして挙げていたのが「精度の高さ」でした。アルコールチェッカーは飲酒運転防止アイテムとして導入されているため、やはりアルコールを感知する精度の高さは重要となります。

飲酒運転は自分の命だけでなく、他の人の命を奪ってしまう可能性があるため、本来はあってはならないものです。しかし、現状として飲酒運転が多いのも確かです。

導入にはもちろんお金はかかりますが、人の命には代えられないものであり、精度の高いアルコールチェッカーを利用することで加害者をゼロに近づけ、被害者を出さないようにできるのであればそれが一番でしょう。しかし本来はアルコールチェッカーがなくても飲酒運転を絶対にしないという認識が国民全員にあることが理想だとは思います。

2番目に多かった意見としては「日本製であること」でした。日本の製品はアルコールチェッカーに限らず、厳しい審査や検査を重ねて市場へ出されていることが多いため、海外製ではなく日本製をなるべく選びたいと思っている方が多いのだと考えられます。

古くから受け継がれている日本の会社であれば尚更、信頼と安心が強くなると思います。また細かいところまで便利な機能が搭載されている製品などは人気も高まることでしょう。

だからこそ3番目に多い意見が「検査方法」であると感じます。人によって便利だと思う基準は異なるとは思いますが、先ほど紹介したアルコールチェッカーの検査方法の中では「吹きかけ式」が簡単であるように感じます。

アルコールチェッカー以外、何も必要なものがなく、利用するにあたっての「使いやすさ」はピカイチでしょう。

アルコールチェッカー(アルコール検知器)導入にあたり、最も重要視するポイントは人それぞれあると思います。これから法人でも個人でもアルコールチェッカーの導入を考えている方は、当サイトおすすめのアルコールチェッカーを是非参考にしてみて下さい。

【まとめ】高品質なアルコールチェッカーの4大条件!

高品質なアルコールチェッカー(アルコール検知器)を選ぶのに外せない条件は、

①成分分析に優れていること
②アルコール検知器協議会の認定品であること
③導入実績が豊富であること
④アフターサービスが万全であること

以上の4つが挙げられます。せっかく時間とお金をかけてアルコールチェッカーを導入するのなら、高品質なものを選びたいですよね!詳しく解説していますのでチェックしてみてください。

→ 高品質なアルコールチェッカーのポイントを読む!

おすすめのアルコールチェッカー(アルコール検知器)一覧!

ソシアックの画像1
警察の飲酒検問にも使われる品質と実績!信頼できる検査が可能

中央自動車工業株式会社のソシアックシリーズは、国産の高品質なアルコールチェッカーとして人気が高く、これまでに3万社以上の企業や協会などに採用されてきた実績があります。

警察の飲酒検問用のアルコールチェッカーのベースとなった実績があるだけではなく、デジタル表示や不正防止機能、対応検査方法が多彩であることなど、誰にでも使いやすく多機能なため、多くの事業者に選ばれているようです。

中央自動車工業株式会社の基本情報

会社情報 中央自動車工業株式会社
大阪市北区中之島4-2-30
06-6443-5829(平日9:00~17:30)
認定・実績 ・アルコール検知器協議会認定品
・飲酒検問用としての導入
・協会/官公庁/企業の採用実績3万以上
おすすめ・人気商品 SOCIAC α/SOCIAC αNEXT
料金 1万1,270円~
タイプ 携帯型

ソシアック(中央自動車工業株式会社)の製品情報

【SOCIAC α SC-402】業界初の「ハイブリッドセンサー」を採用したハイグレードモデル
タイプ 携帯型
測定方式 吹きかけ式・ストロー式・マウスピース
検知方式 MEMS半導体ガスセンサー
不正防止機能
センサー交換 使用後1年半~2年または5,000回使用
SOCIAC α SC-402の口コミ①
とっても良いです
会社でSC-202を使っていて性能が良く個人でも欲しいと思っておりました。自分では2千円位の物を使って来ましたが測定値が出ない場合もあり、今回思い切って402購入しました。 実際にビール500mℓ5%で30分ごとに測定すると次第に数値が下がり3時間くらいで0になりました。何度行っても同様なので安心して使っています。飲酒した翌日にはチェックして安心して車を運転しています。(計算時間の2倍は取っています)

引用元:https://www.amazon.co.jp/

SOCIAC α SC-402の口コミ②
安物で失敗した方へオススメ
かつて5000円ほどのアルコールチェッカーを買って失敗しました。精度など微塵もなかったのです。同じ経験をされた方にこのソシアックはお薦めです。手に持った感じは軽量で正直「大丈夫かな?」と心配でしたが、何度か使用してみると「これは信頼できる」と実感できます。 もうアルコールは残ってないと自信を持ってチェックしたとき、「あ、残ってた」という結果が得られたことが何度もありました。安物ではそんな経験はありません。逆に「もう大丈夫だよ」と嘘をつかれたことなら何度もありますが。ソシアックは使用者に対して「まだダメだぞ!」と厳しく警告してくれます。頼りになります。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

業界初!アルコール検知器用、除菌・洗浄剤「C.A.Wアルカリ電解水」販売!

ソシアックはアルコールチェッカーに悪影響を与えない除菌・洗浄剤「C.A.Wアルカリ電解水」を、なんと業界初で開発し、このたび販売したようです。

C.A.Wアルカリ電解水は、アルコール成分を含んでおらず、そのためアルコールが起因する誤作動や故障を引き起こすことはありません。それでいて強アルカリ性(PH12.7)で、高い除菌・洗浄の効果を誇っているので、新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザやノロウイルスなどにも、非常に優れた除菌効果を発揮するでしょう。

アルブロ(株式会社タニタ)の画像
レンタルもOK!測定器のブランドメーカー

タニタのアルブロシリーズは発売開始から約20年で、100万台以上を売り上げているヒット商品です。当然、導入実績を豊富に持ち、ラインナップも充実しています。

また、当サイトでご紹介する中で唯一レンタルに対応している会社でもあり、比較的低コストで導入できることからレンタルサービスの人気も高まっています。短期間のお試し運用を計画している方にも最適ですね。

株式会社タニタの基本情報

会社情報 株式会社タニタ
東京都板橋区前野町1-14-2
03-3558-8118(平日9:00~17:00)
認定・実績 ・アルコール検知器協議会認定品
・アルブロシリーズ売上100万台突破
おすすめ・人気商品 FC-900
料金 500回…1万5,000円/2,000回…2万円
タイプ 携帯型

アルブロ(株式会社タニタ)の製品情報

【ALBLO FC-1000】スマホをつないで運行先での測定も可能!
タイプ 携帯型・設置型
測定方式 吹きかけ式・ストロー式・マウスピース
検知方式 燃料電池センサー
データ記録 端末/PCでデータ保存
センサー交換 使用後1年または10,000回使用
ALBLO FC-1000の口コミ①
通信機能のある検知器
通信機能のあるアルコール検知器です。購入にあたり、署名した確認書が必要です。信用度の高い商品ですが、TANITA社のfollowがしっかりしていることも、人気のひとつだと思います。 ただやはりその分で価格が高額な商品です。もう少し安価だといいのですが、after followがしっかりしている分の価格と考えれば納得です。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/

フーゴプロ(フィガロ技研株式会社)の画像
ガスセンサーの技術力を誇る!

世界初の半導体式ガスセンサーを開発したのがフィガロ技研株式会社です。自社のフーゴシリーズなどにも応用し、常に会社全体で新しい商品を開発することに取り組んでいます。

そんなフィガロ技研のフーゴシリーズは、シンプル・軽量設計・低価格が魅力で、フィガロ技研のものづくりの技術がぎゅっと詰まった製品になっています。

フィガロ技研株式会社の基本情報

会社情報 フィガロ技研株式会社
大阪府箕面市船場西1-5-11
072-728-2560(平日9:00~12:00,13:00~17:00)
認定・実績 ・アルコール検知器協議会認定品
・50年以上ガスセンサーの開発に携わっている
・世界初の半導体式センサーを開発した会社
おすすめ・人気商品 フーゴプロ FALC-11
料金 3万9,000円
タイプ 携帯型・設置型

フィガロ技研株式会社の製品情報

【フーゴプロ(FALC-11)】運送業務に適した万能型!
タイプ 携帯型・設置型
測定方式 ストロー式
検知方式 燃料電池センサー
データ記録 端末/PCでデータ保存
センサー交換 使用後1年または10,000回使用
フーゴプロ(FALC-11)の口コミ①
リピーター(n‘∀‘)η
ここ数度購入させていただいてますが、精度も高く使いやすいです。 価格も安いので導入しやすい商品です。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/

フーゴプロ(FALC-11)の口コミ②
会社用
会社で使用するのに購入しました。 テストでウイスキーを口に含んで試したら、0.35 うがいしても0.15とキチンと測定できました。 会社でもキチンと測定出来てます。

引用元:https://product.rakuten.co.jp/

ALC-PRO(東海電子株式会社)の画像
ラインナップが豊富で故障への対応・サポートも完璧

東海電子株式会社は7種類のアルコールチェッカーを販売しており、点呼システムと連動した便利な製品が多いのが特徴です。設置型として特にバス会社に人気が高いようです。

東海電子のスタンダードな製品であるALC-PROⅡは、半導体式・燃料電池(電気化学)式のセンサーを2つ搭載し、DOT(米国運輸省)に高品質認定を受けるなど品質と機能は非常に優れています。プロ仕様のアルコールチェッカーをお求めの方にぴったりです。

東海電子株式会社の基本情報

会社情報 東海電子株式会社
静岡県富士市厚原247-15
042-526-0905(平日9:00~17:00)
認定・実績 ・DOT(米国運輸省)認定
・全国1万6,000社、3万1,000か所以上の事業所で利用されている
おすすめ・人気商品 ALC-PROⅡ
料金 30万6,000円~
タイプ 設置型(ハンディユニット付)

東海電子株式会社の製品情報

【ALC-Pico】ハンディタイプで持ち運びも楽
タイプ 携帯型
測定方式 マウスピース
検知方式 燃料電池センサー
データ記録
センサー交換 使用後1年または1,500回使用
ALC-Picoの口コミ①
晩酌する職業運転手としては欠かせない一品
職業運転手ながら帰宅後晩酌が欠かせない私にとって、今では手放せないものになってしまいました。 出勤前に一吹き。出勤時飲酒検査時のドキドキ感が一掃されました。 ALC-Picoはハンディ機でコスパもよく、なんせ校正が15000回使用及び2年間で14000円の更新費用で使えるという、安心を買うに安い買い物と思いました。 私の場合、ALC-Picoで自宅出勤前にアルコール数値が出た場合、その日は年休処理をお願いして出勤しない事に決めてます。 酒を断てればこの上ない事ですが、職業柄、16時間拘束など不規則で、どうしても寝酒の晩酌が欠かせません。 家族の生活を守るためにも、晩酌する職業運転手としては欠かせない一品と感じました。 あと、後々の校正やトラブルの為にも、メーカー直の東海電子さんで購入されることをお勧めします。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/

ALC-Picoの口コミ②
個人向け最強!会社と同じメーカーの検知器
バス運転者です。当社では出勤時のアルコール検査で0.05mg以上検出されると当日欠勤扱い、後日本社教育となります。さらにその後の人事査定やボーナス査定にも響き、場合によっては在職する事すら厳しくなってしまいます。定年まで働く事を前提とし、生涯賃金で考えるとアルコール異常数値を出してしまうと大損になってしまいます。 この価格&性能で自宅にて予備検査が出来るのは凄いです!ハッキリ言って安いです! 前の方が自分と同じ気持ちを書いてくださったので、レビューは割愛させて頂きます。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/

AC-002(株式会社東洋マーク製作所)の画像
EN規格(欧州規格)からも認められる実力の持ち主

株式会社東洋マーク製作所は、ステッカーやカー用品の製造・販売をしている会社ですが、アルコールチェッカーの販売もおこなっており、業界でもいち早くアルコールチェッカーの需要に気づき、さまざまな企業へ導入し普及に努めてきた会社でもあります。

アルコールチェッカーの導入で困ったことがあれば、導入・運用の手助けをするコンサルタンティング業務もおこなっています。スムーズな導入をご希望の方におすすめです。

株式会社東洋マーク製作所の基本情報

会社情報 株式会社東洋マーク製作所
大阪府八尾市跡部本町1-1-27
072-924-0811(平日9:00~17:30)
認定・実績 ・EN規格(欧州規格)認定
おすすめ・人気商品 AC-015
料金 不明
タイプ 携帯型

株式会社東洋マーク製作所の製品情報

【AC-016】高度な技術規格を取得した製品!
タイプ 携帯型
測定方式 マウスピース
検知方式 電気化学式センサー
データ記録
センサー交換 1,000回・アルコール検知200回
AC-016の口コミ①
正確に測れます
ボタンを押して5秒待ち、息を吹き込むと0.01単位に正確にアルコールを測定してくれます。電気化学式で校正もしてもらえるとの事なので安心です。メーカーに電話で確認したところ校正は1回6000円だそうです。 電源ボタンを長押しすると、使用開始から現在までの検査回数、検知回数を表示してくれるので校正までの目安になります。履歴メモリの機能はありませんが、車運転前の自己防衛なので良しとして使っています。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

AC-016の口コミ②
正確
正確! 職場で購入しました。運送業でお酒好き従業員が多いのでこの製品はマジお勧め出来ます。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

その他:アルコールチェッカー一覧紹介

アルコガーディアンの画像

基本情報
住所 〒270-0107 千葉県流山市西深井1028-14
公式サイトURL
https://st-alc.com/

アルキラープラスの画像

基本情報
住所 〒540-6591 大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル18F
公式サイトURL
https://pai-r.com/product/alkillerplus/

アイチェッカーの画像

基本情報
住所 〒666-0011 兵庫県川西市出在家町3-14
公式サイトURL
https://www.o-l-o.jp/

アルコールチェッカーの画像

基本情報
住所 〒259-1132 神奈川県伊勢原市桜台2-28-1
公式サイトURL
https://f-log.jp/alcoholchecker/

アルコールマネージャーの画像

基本情報
住所 〒227-0064 神奈川県横浜市青葉区田奈町43-3-2F
公式サイトURL
https://www.al-mane.com/

【高精度なアルコールチェッカー(アルコール検知器)】一覧表まとめ

イメージ
会社名
おすすめ商品
SOCIAC α/SOCIAC αNEXT
(中央自動車工業株式会社)
ALBLO FC-900
(株式会社タニタ)
フーゴプロ FALC-11
(フィガロ技研株式会社)
ALC-PROⅡ
(東海電子株式会社)
AC-015
(株式会社東洋マーク製作所)
使用回数
使用期限
使用から1年半~2年、または5,000回使用最長1年(500回・2,000回)1年、または1万回使用設置から6ヶ月経過、または6万回使用1年、または5000回
(AL反応500回)
対応している
検査方法
吹きかけ式・マウスピース式・ストロー式マウスピース式吹きかけ式・ストロー式マウスピース式マウスピース式
生産国日本製中国製日本製日本製不明
アフターサービスありありありありあり
おすすめポイント警察の飲酒検問にも使われる品質と実績!信頼できる検査が可能レンタルもOK!測定器のブランドメーカーガスセンサーの技術力を誇る!ラインナップが豊富で故障への対応・サポートも充実EN規格(欧州規格)からも認められる実力の持ち主
TEL/受付時間06-6443-5829
平日9:00~17:30
03-3558-8118
平日9:00~17:00
072-728-2560
平日9:00~12:00
13:00~17:00
042-526-0905
平日9:00~17:00
072-924-0811
平日9:00~17:30
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

記事一覧

重大な交通事故の原因として「飲酒事故」があげられます。 今だ飲酒運転や飲酒事故がなくならない理由として、体内に残る残留アルコール濃度が関係しています。体の中に残るアルコール濃度が低いと正常に ・・・[続きを読む]
アルコールチェッカーの測定結果は、パソコン管理するかプリントアウトによってチェックするか、どちらがいいのか悩まれる方もいらっしゃることでしょう。特に職場に導入するとなると、その業態によって、 ・・・[続きを読む]
飲酒運転抑止のために、各事業者に向けて導入が急がれるアルコールチェッカーですが、物には遅かれ早かれ、寿命というものがやってきます。もしアルコールがまだ残っている状態なのに、寿命が来てしまった ・・・[続きを読む]
新型コロナウイルスの影響により、アルコールチェッカーの使用に関して、一部不安の声があがっています。アルコール検知器協議会並びに各機器のメーカーは、アルコール除菌による誤判定の発生を防ぐことを ・・・[続きを読む]
近年は、行政より自動車事業へ従業員の飲酒の取り締まりを働きかける傾向が強まりました。それにともない、安全装置等導入促進助成事業の一環として、アルコールチェッカーの導入も推進され、導入する事業 ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:サンコーテクノ株式会社 住所:千葉県流山市南流山3-10-16 TEL:0120-071-735 受付時間:24時間受付 業務上自動車などの乗り物の運転が不可欠な職種には、 ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社パイ・アール 住所[本社]:大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル18F TEL:06-6948-8011 営業時間:[平日] 10:00~19:00 宅配便や ・・・[続きを読む]
会社名:スマートライフ研究所/有限会社ドリームチーム 住所:神奈川県横浜市青葉区田奈町43-3-2F TEL:045-988-5123 営業時間:平日11:00~18:30/土日祝休 法律で ・・・[続きを読む]
会社名:株式会社 メルモ 住所:〒666-0011 兵庫県川西市出在家町3-14(本社) TEL:072-744-6700 営業時間:9:00~18:00 休業日:日・祝日 今回はアルコール ・・・[続きを読む]
会社名:株式会社藤田電機製作所 住所:〒259-1132 神奈川県伊勢原市桜台2丁目28番1号 TEL:0120-25-3601 受付時間:午前8:00 ~ 12:00 午後 13:00 ~ ・・・[続きを読む]
アルコールチェッカーを導入する前に知っておきたいのは、その精度と使用する際の注意点だと思われます。精度と同じように気を付けたいのは使用前の注意点についてです。飲酒後の体内のアルコール成分以外 ・・・[続きを読む]
アルコールチェッカーは、息を吹きかけることでアルコール濃度を測定する機器のことです。警察の飲酒運転を調べる用途で広く使われていたものですが、現在では運輸業を中心に始業前の点検として導入してい ・・・[続きを読む]
アルコールチェッカーのセンサーには、半導体式ガスセンサーと燃料電池式のガスセンサーの2種類があります。両方にメリットとデメリットがあり、導入を検討している場合は、測定法と合わせてそれぞれの特 ・・・[続きを読む]
アルコールチェッカーとは、アルコールを検知するセンサーの事で呼気に含まれるアルコール濃度を測定し、その度合を知らせてくれます。飲酒運転の交通事故が後を絶たない事もあり、2007年9月には罰則 ・・・[続きを読む]
アルコールチェッカーとは、警察が飲酒運転を検挙する際に用いることで知られています。しかし、最近は市販でもアルコールチェッカーが販売されているため、それを使って自分で検査をして車に乗っても大丈 ・・・[続きを読む]
企業として最近はコンプライアンス遵守が必須となり、様々な確認を従業員にも行う必要があります。ドライバーなどでは飲酒運転が気になりますが、これまでは各自の自己申告になっていました。 ですが最近 ・・・[続きを読む]
飲酒運転ゼロを目標にして、点呼時のアルコールチェックが義務付けられました。必要になるのがアルコールチェッカーですが、設置型や携帯タイプなどいろいろな機器が販売されていてどれが良いのか迷ってい ・・・[続きを読む]
一定数の自動車を保有したり、業務に使用したりしている事業所では安全運転管理者によるアルコールチェックが義務づけられています。その際に使用されるのが、アルコールチェッカーです。取り扱う際には、 ・・・[続きを読む]
アルコールチェッカーを使用した従業員のアルコールチェックは、自動車運送事業の運行管理者の重要な業務として注目されています。運行管理者とは、法令により運転者の乗務管理や飲酒・疲労・健康状態等の ・・・[続きを読む]
アルコールチェッカーは、アルコールを飲んだ後に体内にアルコールが残存しているかどうかをチェックできる非常に便利な機械です。飲酒運転防止のためにも非常に役に立つでしょう。 しかし、時と場合によ ・・・[続きを読む]
アルコールチェッカー(アルコール検知器)とは、息を吹きかけることで呼気中のアルコール濃度を確認することができ、飲酒をした翌日に測定することで、アルコールが体内に残っていないかチェックすること ・・・[続きを読む]
飲酒による事故やトラブル、事件を少しでも減らすためには、高品質なアルコールチェッカーを選ぶ必要があります。 今回は、アルコールチェッカー選びに外せない4つの条件をまとめてみました。 もくじ成 ・・・[続きを読む]