【業務用・個人利用どちらもおすすめ!】警察・官公庁・法人からの導入実績も豊富な検知精度の高いアルコールチェッカー(アルコール検知器)を厳選!

アルコールチェッカー導入時に活用できる補助金を紹介

公開日:2024/05/15  最終更新日:2024/02/15

補助金

企業が安全管理を強化する上で、補助金を活用することは経済的負担を軽減し、より高度な安全対策の導入が可能です。とくに運輸業界では、アルコールチェッカーのような安全装置の導入が事故防止に直結するため、関連する補助金制度の理解と活用が推奨されています。この記事では、アルコールチェッカー導入時に活用できる補助金を紹介します。

補助金がもらえる条件

補助金を利用できる条件を満たすことで、企業は安全性の向上を図りながら、導入にともなうコストの一部を補填することが可能です。導入コストの支援を活用することは、事業の持続可能性と社員の安全を守る上で極めて重要です。ここでは、補助金がもらえる条件を紹介します。

補助金の対象機器の範囲

補助金の対象となる機器は、事故予防や労働環境の改善に直接役立てられるものが中心です。具体的には、遠隔地での点呼や安全運転支援のための携帯型アルコール検知器、視界支援装置、そして特定の基準を満たすトルク・レンチといったものが含まれます。

安全運転支援を目的とする機器の導入は、日々の運用の安全性を高め、事故のリスクを低減するために不可欠です。補助金を活用することで、運転における先進的な安全装置の導入がより手軽になります。

Gマーク認定と補助金受給の関連

Gマーク認定は、国土交通省によって安全性優良事業所として認定されるもので、補助金の受給条件として重要な役割を果たします。Gマーク認定を受けることで、企業は補助金の適用対象となる機器の導入の際に優遇措置を受けられます。

Gマーク認定を取得することは、企業が安全管理において高い基準を満たしていることの証となり、補助金の利用だけでなく、事業全体のブランド価値向上にも貢献します。

専門的要件

補助金を申請する際には、対象となる機器が特定の専門的要件を満たしている必要があります。たとえば、呼気吹込み式アルコールインターロックは、国土交通省の技術指針に適合していることが求められます。補助金の対象機器だとしても、すべての機器が要件を満たしているわけではないため注意が必要です。

もらえる補助金の金額

安全装置の導入には、それぞれ特定の条件がありますが、補助金を活用することで、機器取得価格の半分を補助可能です。たとえば、携帯型アルコール検知器の場合、Gマーク認定事業所が導入するときのみ補助の対象となり、補助金額は機器取得価格の半分の額、上限2万円となっています。

また、後方視野確認支援装置や側方視野確認支援装置を同時に導入する場合、それぞれが補助対象となり、機器取得価格総額の半分の額、上限4万円の補助が受けられます。トルク・レンチに関しては、1事業所につき1台が補助対象で、取得価格の半分の額、上限3万円が受給可能です。

補助金申請手続きの流れ

補助金の申請を始める前に、各都道府県のトラック協会への問い合わせが必要です。要問い合わせである理由は、補助金の詳細、申請方法や募集期間が地域によって異なるためです。事前に問い合わせることで、申請に必要な情報を正確に把握できます。ここでは、申請手続きの流れについて紹介します。

申請手続きの流れ

補助金の申請手続きは、おもに申請様式の提出と、申請様式にともなう必要な添付書類の提出から構成されます。申請にあたっては、交付請求書、安全装置等装着証明書、誓約書といった申請様式が必要となり、複数の書類は事業者が正確に記入し提出することが必須です。

申請様式では、補助金の対象となる装置の詳細や、事業者が補助金を受けるために必要な情報を提供します。加えて、申請過程においては、車検証の写しや購入した安全装置の領収書、さらにはGマーク認定証の写しといった添付書類が必要になる場合があります。

車検証やGマーク認定証の写しといった添付書類は、申請する安全装置が補助金の対象条件を満たしていることを証明するために不可欠です。

非常に大切な要素なため、申請手続きを始める前に書類を整理し、準備しておくことが極めて重要になります。事業者は添付書類を申請様式と一緒に提出することによって、補助金の申請資格があることを示す必要があります。

提出先と申請受付後の流れ

申請書類は、例として東京都トラック協会なら、業務部交通・環境グループへ提出します。申請書類が受け付けられた後、協会から助成金の請求が進められ、最終的に会員事業者の指定した銀行口座へ補助金が振り込まれます。

ただし振り込みまでには時間がかかることがあるため、余裕をもって申請することが望ましいです。また補助金の申請には、国の補助金交付を同時に受けていないといった、特定の条件が設けられている場合があります。申請時には注意して確認をしてください。

まとめ

補助金を活用してアルコールチェッカーをはじめとする安全装置の導入を計画している事業者にとって、適切な申請手続きの理解は不可欠です。この記事では、補助金受給の条件、補助金額、補助金の申請手続き、必要な申請様式、および添付書類の提出方法について紹介しました。

交付請求書や安全装置等装着証明書、誓約書といった複数の書類の正確な記入と、車検証の写しや領収書、Gマーク認定証の写しといった重要な添付書類の準備が、補助金申請の成功には欠かせません。

申請手続きを適切に進めることで、アルコールチェッカーの導入をはじめ、事業の安全性を向上させるためのさまざまな装置の導入がより手軽になります。申請に際しては、各都道府県のトラック協会への問い合わせや、申請方法や募集期間の確認を忘れないでください。

おすすめ関連記事

サイト内検索