【業務用・個人利用どちらもおすすめ!】警察・官公庁・法人からの導入実績も豊富な検知精度の高いアルコールチェッカー(アルコール検知器)を厳選!

アルキラープラス(株式会社パイ・アール)の口コミや評判

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/06/01

【詳細】
会社名:株式会社パイ・アール
住所[本社]:大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル18F
TEL:06-6948-8011
営業時間:[平日] 10:00~19:00

宅配便や電車などの交通機関など、自動車や複雑な操作が求められる乗り物を運転する際には、運転技術や運転者の体調管理が肝心です。特に、酒気帯び運転は運転者の正常な思考能力の妨げや運転技術の弊害となったりするため、アルコールチェッカーなどで事前防止が肝心となります。

パイ・アール株式会社のアルキラープラスは、検査実施者本人だけではなく事業本部でも検査結果が共有出来る以外にも、様々なメリットが存在します。

アルキラープラスなら検査結果の管理も簡単

運送業やタクシー配車業など、業務上日常的に車を使用する職種には安全面を徹底して管理する必要があります。特に、近年では飲酒運転による事故の発生によって大惨事に見舞われることも多発しており、業務に弊害が及んでしまうだけではなく人命をも脅かす事件も数々発生しております。

飲酒によるアルコールの摂取は、例え少しの量でも体内に取り入れてしまえば脳にアルコールによる影響が発生してしまい、車を運転する上での正常な判断もおぼつかない状態になってしまい、事故を引き起こしてしまう引き金にもなりかねません。そのため、車を運転する前にはアルコールチェッカーによる体内のアルコール濃度の点検を行うのが必須で、業務に支障を来さないためにもドライバーの安全性を確保するためにも必要です。

パイ・アール株式会社のアルキラープラスは、スマートフォンとアルコール検査器を接続して、パソコンやスマートフォンなどでインターネット上を通して検査結果を管理出来るシステムで、業務の効率化やドライバーの安全面の管理が手軽に可能になるシステムです。

平成23年から運送業者や旅客運転業者などの飲酒検査が義務化されておりますが、全従業員の検査結果を管理するのは容易ではありません。アルキラープラスなら、パソコンなどで検査結果を一括管理が可能で、検査を行った時間や場所も含めて詳細なデータを取得出来るという特徴があります。

現場と事業本部との連携が可能で不正防止にも役立つ

通常のアルコールチェッカーは、機器に息を吹き掛けて検査結果を取得するだけですが、パイ・アール株式会社のアルキラープラスはインターネットを利用した一括管理システムですので、ドライバーのアルコール検査だけではなく報告から管理まで連携しているのが特徴です。そのため、検査結果をドライバーだけが把握するという形で終始しません。

専用の検査器をスマートフォンに接続して、息を吹き掛けるだけで検査が完了するため難しい操作を行う必要もなく、スマートフォンの操作が苦手な方でも手軽に検査が可能です。GPS情報と合わせて検査結果もリアルタイムで管理側に情報が届くため、その日のドライバーの体調や業務の遂行状況も合わせて確認出来るため、管理側も常に業務状況が把握可能です。

また、検査実施時にスマートフォンのカメラで検査を行った者の撮影も出来るのもアルキラープラスの独自の特徴です。検査を代理人に行わせ、アルコール濃度の隠蔽を図ろうとするドライバーも存在しますが、アルキラープラスは検査結果を実施者の撮影と共に確認出来ますので、不正防止にも繋がり管理側はより信頼性のある検査結果が取得出来ます。

また、iOSやAndroid機種のどちらでも対応しておりますので、スマートフォンを所有しているなら、一部の機種を除いてどなたでも検査が可能です。対応機種も幅広い上に、使いやすいので検査も面倒ではありません。

取り扱い機種も様々でメンテナンス面でも安心

パイ・アールのアルキラープラスには、様々な種類のアルコールチェッカーとの連携が可能なところも特徴です。アルコールチェッカーには、電気化学式半導体式の2種類のタイプが存在しますが、それぞれコスト面での負担や検査の精度に違いがあります。電気化学式は、検査実施者の呼吸中に含まれるアルコールだけを検知する能力に優れているため、より正確な検査結果が取得可能です。

アルコールチェッカーは、機種によってはタバコの煙や体内で発生するケトン類、薬などの成分にも反応してしまい、アルコール濃度だけを測定するのが難しい場合があります。電気化学式は、アルコール成分の検出が正確に行える機種で、小型で軽量で使いやすいというメリットが特徴です。余計な成分を検出せず、呼吸中のアルコール濃度の検出が可能なため、酒気帯び運転の事前防止に最適な機種です。半導体式のアルコールチェッカーは、電気化学式と比べて検査精度の正確性が劣りますが、低コストで利用が可能です。

どちらも検査後の診断結果の判明もスピーディーですので、ドライバーの方も管理側の方のどちらの業務にも支障を来しません。また、パイ・アールではアルコールチェッカーのメンテナンスも実施しており、使用可能回数や年数を越えてしまった機種は本体ごと丸ごと新品に交換しておりますので、アルコール検査の実施が日常的に必要な業種でも、毎日安心して利用が可能です。

 

パイ・アールのアルキラープラスは、検査の正確性に優れており、運送業など自動車の利用が不可欠な事業の妨げを事前に防げる効果を発揮します。取り扱い機種も豊富でアフターメンテナンスも充実しておりますので、事業主の方も安心して利用が可能です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧