【業務用・個人利用どちらもおすすめ!】警察・官公庁・法人からの導入実績も豊富な検知精度の高いアルコールチェッカー(アルコール検知器)を厳選!

寿命がある?アルコールチェッカーを長持ちさせるためのコツ

公開日:2021/07/15  

アルコールチェッカーは、日々の仕事でアルコールの濃度を知るために使っている人もいるでしょう、しかし、いつまでもアルコールチェッカーの精度を保つことができるとは限りません。使っている以上センサーには寿命があります。今回は、アルコールチェッカーを長持ちさせるコツを中心に紹介しましょう。客観的に数値を判断したい人は参考にしてください。

センサーの寿命とは?

アルコールチェッカーには、アルコールを呼気から測定するためのセンサーが搭載されています。アルコールチェッカーの劣化の原因は、センサーの故障が大きな原因です。センサーの故障は、センサーに使用しているパーツが呼気の湿気によるダメージや劣化で、正確な数値が出せなくなったり、反応速度が遅くなったりします。

センサー交換の目安

アルコールチェッカーのセンサーは、一般的にどの程度精度を保てるのでしょうか?目安は1年か測定回数が1万回と考えるのが妥当です。1年だとしたら1日最低3回使用すると、使用回数はおよそ900回でしょう。それが、大型のアルコールチェッカーの場合は、何人ものデータを取り扱うことになるので、耐久性に関しては期待できます。

しかし、センサーの初期不良によって、目安期間よりも早く壊れてしまうことがあるようです。異変に気づいたら、センサーの目安よりも早めに交換するように、日ごろからチェックするようにしましょう。1~2週間に1度は、センサーの定期点検やチェックを行い、反応速度が遅いものは使用しないことが大切です。人の命や仕事の責任を担うものなので、交換の目安期間よりも機器の状態によって交換することが大切でしょう。

アルコールチェッカーを長持ちさせるためのコツ

アルコールチェッカーには、壊れてしまう要因があります。ここでは、アルコールチェッカーを長持ちさせるコツを中心に解説しましょう。

適切な使用方法を守っているか?

アルコールチェッカーが壊れる原因として、適切な使用方法を守っているかが重要です。アルコールチェッカーに使用されているセンサーは、精密機器として扱われています。そのため、乱暴に扱いセンサーや機器本体に衝撃があると、壊れやすくなってしまうでしょう。

センサーを使用する際には、優しく丁寧に使い保管することをおすすめします。また、保存場所にも気を使いましょう。高温・低温もNGです。とくに、移動で車内に放置したまま、熱でセンサーが壊れることもあり得るので、丁寧に扱いましょう。

アルコールチェッカーの買い替え時に意識するべき点

アルコールチェッカーを買え替える際に重要なのは、予算と使用用途に見合った商品を選ぶことです。ここでは、アルコールチェッカーを選ぶポイントを紹介します。

アルコールチェッカーの使用人数で選ぶ

複数の人が同じ機器で測定するか、携帯性を重視するかどうかで、アルコールチェッカーのセンサーのおすすめポイントが変わってきます。複数の人が使用するなら、測定回数に耐久力がある商品の方が向いているでしょう。1人で測定する機会が多い場合は、携帯しやすい商品を複数購入したほうが使いやすく便利です。まずは使用する人数で、機器のどの面を重視して選ぶかを把握することが重要だといえるでしょう。

アルコールチェッカーのセンサーの種類で選ぶ

アルコールチェッカーに使用されているセンサーは、大きく2種類あります。半導体ガスセンサーは、人間の呼気中の酸素量が飲酒によって減少することを利用して、体内のアルコール濃度を探知するセンサーです。携帯性が高い商品が多く、安価であるものの、正確な数値を測るにはうがいしなければなりません。

電気化学式は、アルコールの酸化によって発生する電流から、どれだけ体内にアルコールが残っているかを調べるタイプです。長持ちしやすいのが大きな特徴で、食事やタバコといった要因でも正確な数値を出すことができるといわれています。しかし、値段が高めなのが特徴です。

保証期間やセンサーの交換の容易さで選ぶ

アルコールチェッカーを購入して長く使いたい場合は、万が一故障をした際に保証期間が長い商品を選ぶようにしましょう。購入してから1年ほど保証がある商品もあるので、手の届く価格で、故障の保証が手厚い商品を選ぶのもポイントです。また、センサーの交換を自分で行いやすい商品を選ぶと、定期点検をする作業が行いやすくなるでしょう。センサーの寿命はどの商品もあるので、自分にあった使いやすさの商品を選ぶことが肝心です。

 

アルコールチェッカーは精密機器であり、買い替えが必要になることは避けられません。どれほど高品質のセンサーを使用していても、精密部品であるセンサーの劣化はおとずれるものです。衝撃や熱によっても壊れやすいため、長く使用したい場合は丁寧に使用し定期点検をすることが肝心でしょう。買い替えの際には、携帯性や使用人数、センサーの種類や保証、交換のしやすさで選ぶと失敗しにくくなります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧