【業務用・個人利用どちらもおすすめ!】警察・官公庁・法人からの導入実績も豊富な検知精度の高いアルコールチェッカー(アルコール検知器)を厳選!

用途に合わせて選ぼう!アルコールチェッカー購入前に確認するべき点

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/05/19


運送業界で働く人や企業は、規定以上のアルコールを摂取していないかチェックすることが義務づけられています。その際に利用するアイテムがアルコールチェッカーです。手軽に使用できるため、リスクを減らすことができます。そこで今回の記事では、多くある商品の中で用途にあったアルコールチェッカーを選ぶポイントを解説しましょう。

アルコールチェッカーの必要性

アルコールチェッカーは、その人が意図的にアルコールを摂取していない場合でも、体内に含まれている呼気からアルコールを探知できます。これは故意ではないものの、食事の際にアルコールが含まれたものを食べた状態での危険運転を防ぐことや、運転者の体調を探知する役割を担っているようです。

アルコールチェッカーが企業で必要とされている理由

アルコールチェッカーのニーズが企業間で高まったのが「企業が営業する車両を5台以上有している場合、企業による安全管理責任が生じる」ことが道路交通法に記載されているためです。つまり、飲酒をした人が業務中に事故などを起こしてしまった場合、飲酒運転をしている本人だけではなく、雇用主にも責任が生じます。

飲酒をしているにも関わらず運転を容認したということになるため、罰金や処罰だけではなく、企業イメージも悪くなるリスクが考えられるでしょう。また従業員の安全だけではなく、運転によって多くの被害を生まないよう管理することが大切なのです。アルコールチェッカーは手軽に計測するだけで、数値としてチェックできるため、非常にニーズが高まっています。

アルコールチェッカー購入前に確認するべき点

近年、アルコールチェッカーの需要が高まっている影響から、多くの種類の商品が登場し、その中から自社にあったものを選ばなければなりません。しかし、利用目的や用途、使用する人数、交換時期などさまざまな条件を含めて、自分たちの用途に合ったものを選ぶのがおすすめです。ここでは、選ぶポイントを解説していきます。

1つのアルコールチェッカーを事業所で共有する

まずは従業員が出勤し、業務開始前にアルコールチェッカーでチェックを行います。それと同時に体調などを申告し、問題なければ車両を運転して業務にあたるようです。この場合は、大型の商品でフィルターなどの耐久がよいもの、複数の情報を保存することに向いている商品を選ぶとよいでしょう。向いている仕事形式としては、事業所から事業所までの範囲で、物品を運搬することです。

運転手個人にアルコールチェッカーを1台ずつ渡す使い方

導入の費用はかさみますが、近年広まっているのが小型のアルコールチェッカーを個人に支給しチェックしてもらうケースです。これは事業所から車両を借りて、運搬する目的地が遠い場合や、目的地から事業所に寄らない運搬業をしている企業に向いているでしょう。チェッカーを持っているため、場所関係なく測定ができ、泊まりがけで業務にあたる場合でも対応できます。

また、移動する前に日付と時刻が入ったデータを保存できる機能もあるため、移動の際にチェックしているかどうかの確認も手軽に可能です。近年では、運搬業務のニーズが高まってきており、運送先がそれぞれ異なる企業にはおすすめの機器だといえるでしょう。

アルコールチェッカー使用前の注意点

アルコールチェッカーを導入した後は、正しく使わないと、本来の性能を発揮できません。ここでは、正しく使うための注意項目を解説しましょう。

定期メンテナンスを行う

複数の機器を所持している場合は、アルコールを摂取していないと判断された人がアルコールチェックを行います。アルコールチェッカーを使い、アルコールを摂取していないと客観的に判断できる数値が出るか確認してください。

次に、実際にアルコールが入っている液を一口摂取した場合の呼気で、数値が超えるかどうか確認することがポイントです。複数の機器を使用していない場合は、複数人で1つの機器を同じ手順で検査して、探知機能がしっかり作動しているかを確認しましょう。探知機能の検査は最低でも週1回は行うようにし、故障している可能性がある場合は、修理か別の商品を使うことが何よりも大切です。

 

運送業務に携わる場合、仕事をする本人の責任だけではなく、その業務を指示する企業にも責任があります。ドライバーが事故を起こした場合、その状態を容認していたとみなされることで、企業にも罰則規定が設けられているのです。

そのようなときは、手軽に呼気からドライバーのアルコールの血中濃度を調べることができる、アルコールチェッカーが非常に役立ちます。事業所から事業所までの移動なら大型の製品で複数のデータを管理しやすい商品、移動する場所がバラバラで目的地も違う場合は、小型の商品を運転手各自に所持させるのがおすすめです。最低でも週に1回の頻度で、センサーの調子が悪くないか点検することも大切な点になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧