【業務用・個人利用どちらもおすすめ!】警察・官公庁・法人からの導入実績も豊富な検知精度の高いアルコールチェッカー(アルコール検知器)を厳選!

アルコールチェッカーを利用した遠隔地点呼とは?

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/11/13

アルコールチェッカーは機械に息を吹きかけると、体内にある残留アルコール濃度を分かりやすく数値化することが可能です。運転する前のチェックや記録が義務付けされているドライバーはもちろん、個人的に利用する人もいます。スタッフの遠隔地点呼に利用でき、スマートフォンと連携しているものもあるので集計するのに便利です。

事務所や遠隔地で利用できます

アルコールチェッカーは外出先でも簡単に検査できる携行型や、運送業者などが導入していて事務所で活用できる据置型などがあります。携行型は個人利用も考えられているため比較的リーズナブルな価格で販売されており、遠隔地にいる時も利用するのに便利です。据置型は長期間にわたって精度の高い検査を行うことができ、金額はやや高額な傾向です。

アルコール飲料は好きだけど毎日運転をするという方なら携行タイプがおすすめで、タクシー会社や運転を主とする職業の事務所などに配置するなら据置タイプがよいでしょう。気になる時にチェックするぐらいであれば、携行タイプの方がコストパフォーマンスは高いです。

アルコールチェッカーは体内のアルコール濃度を判断するセンサーが内蔵されていて、半導体ガスセンサーと電気化学式センサーがあります。半導体ガスの場合、飲酒により減少する酸素量について抵抗値を測定することが可能です。抵抗値が低いほど体にあるアルコール濃度が高いことになります。リーズナブルな金額で、磨き粉などにより数値が左右するケースがあるので念入りにうがいしましょう。

電気化学式(燃料電池式)センサーの場合、摂取したアルコールが酸化する際に出る電流を測定することが可能です。電流が大きいほど体の残留アルコール濃度が高くなり、食事やタバコ・薬などによって影響されにくくなっています。お酒を飲む機会が多い人や多く飲む人におすすめです。

日頃の健康管理にも活用できます

いろいろなセンサーの種類がありますが、アルコールチェッカーを購入する場合商品に記載されている検査可能回数や耐用年数などを確認し、使用頻度と予算に合ったアイテムを選択するとよいでしょう。精度や寿命に劣るといわれている半導体ガスセンサーですが、技術革新により精度がアップしていて検査回数も増えました。センサーユニットを交換すると長年使用でき、コストパフォーマンスに優れたアイテムが多数リリースされています。

たとえば胸ポケットにきれいにおさまるペン型アルコールチェッカーがあり、息を吹きかけると操作することが可能です。アルコールを12段階により判定でき、遠隔地での測定に便利です。センサーを交換するタイプもあり、500回測定や使用開始から1年ぐらいすると買い替えることにあるでしょう。価格がかなりリーズナブルで、飲酒運転の防止や飲み過ぎチェッカーとして使っている人が多く、日頃の健康管理にも役立てることが可能です。

法令によって運行管理者から乗務前や乗務後の対面点呼において、健康状態や飲酒の確認などが義務付けられています。携帯タイプを利用すると出張先や遠隔地でも測定でき、中には記録できるものもあるので事務所に後で報告するのに便利です。運輸規則に反映され、酒気帯びでの乗務停止とアルコール検知器が義務化されました。

スマートフォンと連動することが可能

スマートフォン用のアルコールチェッカーもあり、スマートフォン機能をフル活用した斬新なシステムです。ドライバーはスマートフォンのカメラを使って自分の姿を撮影しながら、アルコールチェックを行うことができます。検知結果やGPS情報なども送信できるので、ドライバーがいつどこで誰がアルコールチェックを実行したか、管理者は簡単に確認することが可能です。

アルコールチェッカー用のアプリがあり操作は簡単で、画面の案内に従ってスマートフォンや検知機器などを繋ぎ、カメラで自分を撮影し息を吹きかけて使用できます。アルコール値はもちろん、全国各地において業務を行うドライバーの顔色なども確認でき、遠隔地においてより細やかなケアを行うことが可能です。

アルコールチェッカーを導入するといろいろなメリットがあり、スマートフォンを使用することですぐに結果報告できます。事務所や移動先といった場所に関係なくアルコールチェックを受けることが可能です。事務所に立ち寄る時間や手間を省くことができ、作業効率がアップするでしょう。

アルコール値の検知結果はもちろん、ドライバーの様子や測定場所なども取得することが可能です。複数のドライバーの結果をまとめて把握でき、検知結果は管理者に対してメールで送信される仕組みです。管理者は複数の人をまとめて確認できるので、業務効率が向上します。

 

アルコール検知義務は飲酒運転撲滅のため、必ず守らなければいけないルールです。アルコールチェッカーを利用すれば事務所はもちろん、遠隔地でも確認することが可能です。取り返しのつかない大事故につながらないよう、アルコール検知義務を守り安全運転を心がけましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧