【業務用・個人利用どちらもおすすめ!】警察・官公庁・法人からの導入実績も豊富な検知精度の高いアルコールチェッカー(アルコール検知器)を厳選!

測定結果はパソコン管理とプリントアウトどちらを選ぶ?それぞれの特徴とは?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/18

アルコールチェッカーの測定結果は、パソコン管理するかプリントアウトによってチェックするか、どちらがいいのか悩まれる方もいらっしゃることでしょう。特に職場に導入するとなると、その業態によって、管理体制は慎重に見極めないといけません。

ここでは、アルコールチェッカーの測定結果のパソコン管理とプリントアウト、それぞれの特徴を解説したいと思います。

パソコン管理とプリントアウト・それぞれの特徴

アルコールチェッカーによって測定結果をパソコン管理するタイプだと、パソコンに計測値や計測者画像を記録できる機種まであります。測定記録は1年保存できるものなどがあり、デジタルのデータとして管理しておくことで、その場ですぐ乗務員の過去の測定結果をチェックできるでしょう。

パソコン管理には利点がほかにもあり、ネットワークを利用すれば、測定結果を自社グループ全体で共有できるため、一元管理が容易になります。そのため、離れた場所からも測定結果をリアルタイムで知ることができます。

また、カメラ付きでパソコン管理するアルコールチェッカーだと、乗務員別に、認証IDや画像、動画などを組み合わせ、測定の不正や記録の改ざんを防止できるものもあります。この機能は飲酒点検を正確に行っていることを証明する上でも、非常に有効的な手法と言えるでしょう。

測定結果をプリントアウトできるアルコールチェッカーは、たとえばレジで用いられるロール紙に、測定結果をプリントアウトするものがあります。また、パソコン管理できるものでも、プリントアウトに対応しているものもあり、プリンターと連動して、コピー用紙にこれまでの測定結果を印刷することも可能です。

測定結果の管理は機器のタイプによって異なる

アルコールチェッカーは大きく、「設置型」「携帯型」「簡易携帯型」などがあり、それぞれ機器のタイプによって、測定管理に違いが見られるので、その差をチェックしましょう。

たとえば設置型だと、オフィスにて本体で直に測定する形になり、基本的にオフィスでパソコンと連動して使用するため、パソコン管理する仕様になります。設置型は、他の管理システムとも連携できるものもあるため、そのように使用できれば業務効率がグッと楽になるでしょう。

業務用の携帯型のものだと、従業員が運転する際にチェックできるため、急な業務にも対応できるのが利点ですが、測定結果については機器に直に保存したり、その場でロール紙にプリントアウトしたり、また会社にある本体と連動し、パソコン管理できる仕様などがあります。パソコン管理できれば、プリントアウトも可能です。

パソコン管理やプリントアウトといった機能は、業務用に用いるのに対し、簡易携帯型だと、基本的に市販品での使用になるかと思われますが、寿命が短く、使い捨てが前提なものが多いタイプになります。このようなものだと、その場でパッとチェックできる程度の機能に限られる場合が多いようです。

管理機能だけに固執しないこと

アルコールチェッカーで測定結果をパソコン管理するかプリントアウトするかは、業務形態にもよるところですが、どちらにも対応していれば、もっとも不便はないでしょう。しかし、あると大変便利な機能とは言えますが、もっとも大事な機能は、アルコール濃度をどれだけ正確に測れるかということに尽きます。

その正確性を裏付けるのが、公的機関に認められたメーカーの製品でしょう。その代表となるのが、アルコール検知器協議会という非営利団体で、この団体はアルコールチェッカーの機能性の向上や普及に努めています。アルコール検知器協議会からのお墨付きの商品であれば、機能性は正確な測定については間違いないと見ていいでしょう。

また、企業や警察署、交通局などへの導入実績や、アフターサービスが手厚いかなども、製品の信憑性を確信させる要素と言えます。

業務用を選ぶにしろ、プライベート用を選ぶにしろ、製品を提供するメーカーには、必ず何らかの実績の有無があるので、それを確認したうえで、パソコン管理やプリントアウトできるかを調べましょう。

まとめ

測定結果をパソコン管理するかプリントアウトするか、それぞれの特徴を説明してみましたが、具体的なイメージは膨らみましたでしょうか。パソコン管理だと、インターネット環境があれば、いつでもどこからでもかんたんにチェックできて、一元管理がしやすくなります

プリントアウトする手法だと、印刷したものを無くしてしまいそうな懸念はあるので、パソコン管理ができた方が、そのような心配はないでしょう。もちろんパソコンによる管理体制が整っていない場合は、紙で手元に残しておきたい場合もあるでしょうから、一概にどちらの方がいいとは断定できません。

いずれにせよ、測定管理機能だけが充実していても、測定そのものの機能性を発揮しないことには意味がないので、ここで説明したことを踏まえ、アルコールチェッカーを選ぶようにしてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧