【業務用・個人利用どちらもおすすめ!】警察・官公庁・法人からの導入実績も豊富な検知精度の高いアルコールチェッカー(アルコール検知器)を厳選!

周囲の影響を受けにくいアルコールチェッカーの選び方とは?

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/12/16


安全な自動車運転のためには体調管理が欠かせませんが、体内にアルコールが残っているかどうかの判断にはアルコールチェッカーによる検査が必須です。しかし、アルコールは薬品や除菌用品にも使用される物質なので、呼気中のアルコールを確実に検知する機器を選びたいものです。今回は、確実にアルコールを検知するチェッカーの選び方をご紹介します。

自動車を使う業務に欠かせない道具

飲酒運転による事件や事故は自動車が普及するとともに問題となっていましたが、2000年代に入ってからは社会的な注目がより高まり、防止するための取り組みが強化されてきました。その一環として2007年9月には飲酒運転に対する罰則が強化され、2011年5月からは業務用自動車に乗務する場合には、呼気中のアルコール濃度の検査が義務化されました。

この検査に用いられているのがアルコールチェッカーであり、アルコール検知器として知っている方も多い道具です。乗務前の検査が義務化されたことによって一般的にも注目が広がったこの道具は、息を吹きかけるだけで簡単に呼気中のアルコール濃度が検査可能で、インターネット通販を通して個人的に購入できますし、価格も2千円程度からとなっています。

ところが、業務用に使用する場合には、確実に検査がされていることを担保する必要性があったり、高い検査精度が求められたりするので、衛生的な使用を優先するあまり性能を軽視することはおすすめできません。アルコール検査は単純な仕組みですが、正しい方法での検査と結果の記録や管理が非常に重要です。

そのため、高性能なアルコールチェッカーはパソコンやスマートフォンと連動し、結果を自動で記録する機能を備えている物や、業務用途では検査結果をその場でプリントアウトする者もあるのです。

環境に左右されない機種の選び方

人間の体内に入るとさまざまな機能低下の原因となるアルコールですが、これは薬品を溶かしたり、食品の保存性を高めるために封入されたり、意図的な飲酒以外の原因で摂取する可能性の多い物質といえます。

さらにインフルエンザウイルスをはじめとしたエンベロープを持つウイルスに対して高い殺菌性を持っており、人体への影響が界面活性剤や次亜塩素よりも少ないことから、除菌用品にも多く用いられています。このほかにも揮発性が高いため、水拭きや水洗いに適さない部品の洗浄などにも用いられており、アルコールチェッカーは使用する周囲の環境次第で正しい結果が出ない可能性があるのです。

こうした環境による影響を最小限に抑えるためには、ストローやマウスピースを使って呼気を吹きかけるタイプのアルコールチェッカーを選ぶことが必要です。呼気中のアルコールを検知するには、単純に息を吹きかければよいのですが、これは環境中の物質を同時に吹きかけられてしまうため、使用環境にアルコールが存在している場合は正しい結果が出ない可能性があります。

その点、マウスピースやストローを使ったタイプの機種ではこうした誤差は発生しづらいのですが、直接口が触れるので、衛生的な検査のためにはマウスピースやストローの交換が必要となるので、大人数が短時間で検査を受ける場合には、アルコールのない環境の整備が重要になります。

使用環境に合わせて機種を選ぼう

非常に身近で揮発性の高いアルコールは、アルコールチェッカーにより呼気から検査しやすい反面、周辺環境によっては正確な数値が出ない可能性が排除できません。しかし、同じ時刻に複数の乗務員が乗務を開始する事業所においては、短い時間で正確かつ衛生的な検査を確実に実行しなければならないため、アルコール検査に掛けられる時間や費用といった事情を総合的に判断し、最適な機種を選ぶことが必須といえます。

ここで忘れてはならないのが、アルコールを検知するセンサーの耐久性です。乗務員ごとに所有でき、衛生的な検査がしやすい携帯型であってもストローやマウスピースによる正確な検査のできる機種はありますが、低価格帯のアルコールチェッカーは半導体センサーを採用している場合が多く、短期間でセンサーの劣化が起こるので、導入時点からメンテナンスの見通しを立てる必要があります。

一方、メンテナンスのしやすい据え置き型の場合、事業所での使用が前提となるため、遠隔地での検査を必要とする乗務員を擁している事業所には不向きです。

このように業務形態によって必要とされる利便性は異なってくるため、使用する環境や検査を受ける乗務員の業務実態に合わせ、確実な検査が実施できるように機種を選定することが必要となります。しかし、アルコールチェッカーには多くの機種があるので、充分に比較検討することが可能です。

 

アルコールチェッカーは呼気からアルコール濃度を検査するので、周辺環境によっては正確な結果が出ない可能性があります。より正確な検査結果を得るためには、マウスピースやストローを通して呼気を吹きかけるタイプがおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧