【業務用・個人利用どちらもおすすめ!】警察・官公庁・法人からの導入実績も豊富な検知精度の高いアルコールチェッカー(アルコール検知器)を厳選!

アルコールチェッカーでドライバー管理が楽になる方法とは

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/24

企業として最近はコンプライアンス遵守が必須となり、様々な確認を従業員にも行う必要があります。ドライバーなどでは飲酒運転が気になりますが、これまでは各自の自己申告になっていました。

ですが最近ではアルコールが残っている状況での運転がある場合も指摘され、客観的な数値で管理を行うようにアルコールチェッカーを導入する企業が増えています。

ドライバー管理も考えて測定する

せっかくアルコールチェッカーを導入するなら、個人に任せておくだけではなく、ドライバー管理に利用する方が効果的であると言えます。例えば個人に安価なものを支給して測定してもらうという方法があります。ですが本人の測定に委ねる事になり、管理のコストはあまりかからない分、管理レベルは高くないと言えます。測定している時間などを管理しようとすれば、今度は逆に個人に負担がかかる事にもなりますので、出来るだけシステムなどを利用して一元的に管理をするほうが良いともいえます。

高品質なアルコールチェッカーを選択する事で成分分析が優れていて精度が高い事、導入実績が豊富にあり、アルコール検知器協議会の認定品であればより安心することができて、アフターサービスも受けることができます。アルコールチェッカーの精度が低いとアルコール以外の成分を誤認識してしまう恐れもあります。測定場所や方法などの仕組みを作っておくことと、初めて導入するような場合は導入実績があるところに依頼をしてみるのも方法です。

導入実績があれば製品に対する問い合わせにも答えてもらうことができ、アフターサービスもあるので安心です。アルコールチェッカーはいつまでも使用できるものではないので、メンテナンスも大事です。なのでサポートセンターがあると安心です。

アルコールチェッカーの機能について

お酒を飲んだ場合はアルコールが体内に溜まっていく事になります。例えば自宅の夜食などでお酒を飲むことが多いですが、どれくらいの時間でアルコールは無くなるのか、どれくらいの量であれば大丈夫なのか、時間やお酒の量、種類によっても変わってくる事になります。

しかし前の日の飲み会などがあり、実際はアルコールが残っているのに翌日そのまま仕事に就いているということもあるのです。そのような事にならないためには感覚で確認していては無理であり、人によっても変わってくるために客観的な数値で確認するものが必要になってきます。

アルコールチェッカーというのは息を吹きかけるだけで簡単に呼気中のアルコール濃度を数値でチェックすることができ、簡単に早く測定ができます。機械の中にはアルコールを検知するセンサーがあって、呼気のアルコール濃度が測定できるのです。

様々なメーカーがありますが持ち運ぶことができるような携帯タイプと一定の場所に置いておく設置型があります。携帯タイプは場所を選ばずにいつでもどこでも測定が可能です。設置型であれば会社の事務所などで出社時にチェックすることが可能です。またパソコンや免許証の情報などと連動して、ドライバー管理をすることもできますので、運送業や時間帯にバラツキがあるような会社ではおすすめと言えます。システムと連動していると管理がとても楽になります。

アルコールチェッカーの選び方について

アルコールの濃度を測定するために、アルコールチェッカーを利用するのはとても効果的であり、いろいろなシステムと連動させて管理することができます。機種のタイプも様々なのですが、測定方式も違っており、その方式によっては濃度測定の精度も変わる事になります。

一般的には息を吹きかける吹きかけ式というものがあり、これは吹き込み口に息をかけます。他にはマウスピース式があり、これは専用のマウスピースアタッチメントがあり、これを使用して息を吹き込む方式なのでより精度が高くなります。

ストロー式については市販のストローを使う方法で、それを差し込んで息を吹き込んで測定します。周囲の空気の影響を受けずに精度が高いということと、市販のストローなのでコストも安いというメリットがあります。使用しているセンサーにも違いがあり、半導体式と燃料電池式によって価格も変わってきます。

 

アルコールチェッカーを導入するなら、トラブルの無いように運用することです。そのためにも精度が高く誤動作の無いものを導入します。管理の方法は会社によっても変わってきますが、まずは導入実績があること、アフターサービスがある事を確認するといいです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧