【業務用・個人利用どちらもおすすめ!】警察・官公庁・法人からの導入実績も豊富な検知精度の高いアルコールチェッカー(アルコール検知器)を厳選!

アルコールチェックの管理にはシステムを活用しよう!メリットを紹介!

公開日:2022/10/15  最終更新日:2022/09/05


デジタルトランスフォーメーションが世の中で加速するなか、紙媒体でアルコールチェックの記録をするのは非効率的です。また、紙で運用する場合、保管場所を設定したり、過去の記録を振り返ったりするときに手作業になるなど、時間と労力を必要以上に割くことになります。システムを活用するメリットを紹介します。

アルコールチェックの義務化が拡大

現状、企業などが飲酒運転の常習化を把握できていないことから、道路交通法施行規則が改正されました。

道路交通法施行規則が改正されたことによるアルコールチェックの義務化

2022年4月に、道路交通法施行規則が改正されました。また、2022年10月※1には、社用車を運転する前に、アルコール検知器を使用して酒気帯びの有無を確認するようになります。これはチェックするだけではなく、記録項目や検査方法などが明確に示されているので、その通りに実施しなければいけません。社員数や社用車の数が多い事業所では、時間と労力を極力割くことなく実施したいと考えているでしょう。

※1:アルコール検知器を使用したアルコールチェックの義務化は警察庁より施行時期の延期検討のパブリックコメントの募集があり、現在取り纏め期間となります。(9月1日現在)

記録項目

確認者の氏名、運転者の氏名、車両番号、確認日時、確認方法、酒気帯びの有無、指示事項、そのほかの8つの項目を点検して記録する必要があります。効率化とペーパーレス化を踏まえてデータ管理が適切です。

アルコールチェックの記録や管理は紙よりデータ

紙で運用するのは時間も手間もかかります。本来の業務を圧迫することにもなりかねないので、紙よりデータを導入するようにしましょう。

紙で運用することのデメリット

まず、記録に時間が掛かることです。安全運転管理者は対面で運転者のアルコールチェックを行い、結果に基づき、記録用紙に記入することになります。運転者が多い場合は、記録する内容も多くなるので時間が掛かってしまいます。

次に、記入漏れや誤字脱字などが起きる可能性があります。仕方がないのですが、アプリよりも正確性に欠けます。そのため、記入漏れなどが起きた場合は、記録の再提出や確認などの業務が増えてしまいます。

そして、保管スペースも確保しなければいけません。1年間記録を保存するように決められているので、相当なボリュームになります。事業所のスペースを有効活用するどころか、反対に場所を削ってしまうことになります。また過去の記録用紙を探すのに時間がかかります。記録を検索するのは手作業なので、探す手間がかかってしまいます。

最後に、不正防止・改ざん防止も難しくなります。紙での管理は各安全運転管理者に裁量を与える形となりますが、スムーズな業務の遂行を考えた時に、アルコールチェックの実施・記録業務において不正や改ざん等の可能性が発生します。これらのことから、紙で運用するのは効率が良くないことが分かります。

システムの概要

導入するシステムにより仕様は多種多様ですが、Bluetooth等の無線通信でアルコール検知器の検査データをスマホ側に自動送信し、そのデータに運転者名や車両番号、日時等が紐づけされ記録されるので、管理者の手間を大幅に削減可能です。

またクラウド型のシステムを導入すれば、各拠点のデータを一元管理することも可能になるので、企業として全体管理していくことを考えている場合は、クラウドサービスの導入も検討の選択肢に入れてみるもいいでしょう。

アプリでアルコールチェックの管理を行うメリット

メリットを3つ紹介します。アプリは便利なものなので導入の参考にしてください。

運転者や管理者の負担を軽減できる

トラック運転手やタクシードライバーなどの職業では、ほぼ毎日乗務します。乗務するたびに、記録用紙に記入するのは面倒に感じるでしょう。少しのストレスが積み重なると、大きなストレスになりかねません。記録漏れや誤った記入等も考えられます。また、記録する手間も省けます。運転者、管理者ともに負担を軽減できるシステムを導入しましょう。

記録の管理が確実である

紙で運用すると、人的ミスはどうしても避けられません。気を付けていても失敗してしまうときがあります。その点、システムを導入すれば記録を確実に管理できるので、記録用紙の確認や修正の手間が省けます。

記録の把握と確認がいつでもできる

万が一監査となった場合でも、すぐに記録の把握、確認、ダウンロードが可能です。手作業で記録用紙を探す必要がないのでスピーディーに対応できます。

まとめ

システムを活用することで、管理者と運転者の負担を軽減できます。日々の業務で行うものなので、小さなストレスを放置しておくと、やがて大きなストレスとなってしまいます。管理者も運転者も本来の業務があるのに、アルコールチェックに時間も労力も割かれてしまうのは非効率的です。以上のことからシステムの導入を検討してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧