【法人(業務用)・個人利用どちらにもおすすめ!】警察・官公庁・法人からの導入実績も豊富な検知精度の高いアルコールチェッカーを厳選紹介します!

アルコールチェッカー義務化の内容と自動車運送事業の運行管理者とは?企業の管理責任について考えよう

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/24

アルコールチェッカーを使用した従業員のアルコールチェックは、自動車運送事業の運行管理者の重要な業務として注目されています。運行管理者とは、法令により運転者の乗務管理や飲酒・疲労・健康状態等の把握や安全運行の指示など、事業用自動車の運行の安全を確保するための業務を行う担当者のことです。

安全運転のためのアルコールに対する管理責任が求められているなかで、特に重要な仕事と言えるでしょう。

アルコールチェッカーの義務化について

平成23年より旅客自動車運送と貨物自動車運送の事業者に対して、アルコール検知器によるチェックが義務化されました。各営業所はアルコールチェッカーを常備して、運転者が飲酒をしていないかどうか確認する義務があります。運転手が車に乗り込む前だけでなく、長時間乗りこんでいる場合にも顔色や態度、臭気だけでなく、アルコールチェッカーを使ったチェックを必ず行わなければなりません。

アルコールチェッカー自体も、厳しい管理が求められます。各営業所に配置されているアルコールチェッカーが正常に作動しているかどうかを確認する管理責任も、運行管理者の仕事に含まれています。こまめに管理して、作動状況を確認しておきましょう。

使用期間により、電源が切れていたりアルコールに正常に反応しないことがあります。アルコールチェッカーの製造元と密に連絡して、メンテナンスを行ってください。

国土交通省は特定の機械の使用を推奨しておらず、厳密な数値なども設定していません。アルコールチェッカーを選ぶなら、使いやすくて利便性の高いものを選びましょう。運転手が運転先で宿泊する場合は、電話点呼での確認も許可されています。アルコールチェッカーは長期間使用できて確認しやすく、故障の少ない丈夫なものが便利です。運転手に貸し出すなら、携帯できて簡単に使えるものがお勧めです。それぞれの目的にあった、便利な機械を選んでください。

アルコールチェッカーの種類と選び方

アルコールチェッカーと一口に言っても、その種類はさまざまです。事業形態にあわせて、ぴったりのアルコールチェッカーを選択しましょう。アルコールチェッカーには、据え置き型と携帯型の2つがあります。

据え置き型はパソコンと接続することができるので、データ管理に便利という利点もあります。  携帯型は一度に複数の人が使えるので、定時にアルコールチェックを行う際の混雑を解消することができます。携帯型の中には、車載するタイプのものもあります。携帯型のアルコールチェックのデータは、台帳に手書きする必要があります。

複数人の運転手が働いていたり、一斉に運転に出ることが多い場合は、据え置き型と携帯型の両方を用意しておくと便利です。混雑してしまうと、就業時間に影響を与えかねません。運転手の人数や始業時の動き、さらには運転手の動向を見て便利なデザインのものを導入しましょう。

アルコールチェッカーの中には、パソコンと連動して記録しやすいタイプのものが多くあります。日誌として閲覧して管理することができるので、利便性が高いと言えるでしょう。他の営業所とのデータの共有も簡単なので、パソコンで徹底して管理することをお勧めします。

自働車運送事業の運行者資格と取得する方法

アルコールチェックなどにも取り組む運行管理者は、交通安全の徹底のために注目されている仕事です。アルコールチェックだけでなく、運転手の状況を把握や管理をしたり、運転手に対する指導を徹底することが業務に含まれています。一方で、運転手の健康に気を配って、場合によっては代替要員に変えるのも、運行管理者の仕事です。

運行管理者になるには試験を受ける必要があり、試験を受けるには事業所で1年以上の運行管理業務に携わるか、自動車事故対策機構が行う基礎講習を修了することが必要です。

取得しようとする運行管理者資格者証の種類によって、それぞれに応じた種別の自動車運送事業の事業用自動車の運行の管理に関し5年以上の実務の経験をし、その間に運行の管理に関する講習を5回以上受講していること等の要件があります。運行の管理に関する講習として、自動車事故対策機構が行う基礎講習及び一般講習が認定されており、5回以上の講習のうち、少なくとも1回は基礎講習を受講している必要があるなど、厳格に決められていす。

試験については(公財)運行管理者試験センターHPなどで確認してください。

 

アルコールチェッカーを使った運転手へのアルコールチェックは、安全運転の徹底管理のためにも重要な仕事です。運行管理者は規定に従って、アルコールチェッカーを使った管理が重要です。そのため、安全運転管理者に最も求められる姿勢と言えます。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧