【法人(業務用)・個人利用どちらにもおすすめ!】警察・官公庁・法人からの導入実績も豊富な検知精度の高いアルコールチェッカーを厳選紹介します!

アルコールチェッカー【吹きかけ式・ストロー式・マウスピース式】種類別に特徴をチェック!

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/04/01

アルコールチェッカーとは、警察が飲酒運転を検挙する際に用いることで知られています。しかし、最近は市販でもアルコールチェッカーが販売されているため、それを使って自分で検査をして車に乗っても大丈夫かを判断する人もいるようです。アルコールチェッカーにはいくつか種類があり、その中でも吹きかけ式のものはよく知られているタイプです。では、そのほかのものはどうなのでしょうか。

吹き込み式とストロー式は持ち歩きしやすいものもあって便利

トラック運転手などには、アルコールチェッカーが義務付けられているところもたくさんあります。自分で手頃なアルコールチェッカーを購入したいけれど、どんなものがいいのかわからないという人もいます。一般的によく利用されているのは吹きかけ式のものです。

これは息を吹きかけるだけで体内にどれだけのアルコールが残っているのかを検知することが出来るもので、設置型や携帯型などそれぞれのメーカーにもよくあるタイプのものなので知っている人も多いでしょう。携帯型のものなどはペンのような形をしていて持ち歩きやすいようなものが多いです。

携帯することが出来るものは、会社などではなく、個人で飲み会などが多い人が利用することも多く、車の運転に慎重になっている人がたくさんいるという証拠です。吹きかけ式ならいちいち面倒なことをする必要もありませんし、しっかりとアルコールが残っているかを確かめることが出来るので便利です。

同じくストロー式のものは、吹きかけ式のものと同じく機器に挿してあるストローに数秒だけ息を吹き込むことで、体内にあるアルコールの度数を確認することが可能です。

マウスピース型のものもありますが、人気が高いのは市販のストローでも代用出来るタイプのものだといいます。息を吹き込むだけでいいので簡単ですし、市販のものを使って代用出来るので清潔感も保つことが出来ると各種メーカーでも人気のアルコールチェッカーです。

自分が使いやすいものを選ぶ

ストロー式と同じくマウスピース式というのは、設置されているマウスピースに息を吹き込むことでアルコールの度数をはかることが出来るものです。マウスピース式とストロー式は同じものが多く、機器の標準型としてマウスピースが付属しているものもありますが、市販のストローを差し込んで使用することも可能な場合があるということです。

アルコールチェッカーはトラックなどの業務車両を運転するドライバーはもちろん、一般的に自分の車を運転する前にアルコール度数をチェックしておきたいときにもとても便利です。自分で飲む時にチェックをしたいという人は、使いやすいものを選んで持ち歩くといいでしょう。

アルコールチェッカーにはいくつか種類があるので、利用用途に合わせて選ぶといいです。設置型のものは車両者などを運転することが多い会社などにある場合がよくありますが、携帯型は個人で持ち歩く人や会社から配布されている人などもいるようです。

どちらにしろ、しっかりと自分でアルコールを飲みすぎないようにする、運転を出来るかどうかを判断したいときにはとてもおすすめです。

自分で選択出来るのもアルコールチェッカーの良いところ

アルコールチェッカーを選択するときには、設置型と携帯型以外にも、アルコールをチェックする検知方式によって選択することも可能です。検知方式は、精度に関わる重要なポイントだといえます。2つの特徴と違いについて理解しておくことが大切です。

半導体センサー式のものと燃料電池センサーの2種類があり、そのどちらを使うかで選択するという人もいます。半導体センサーのものは、吹き込んだ酸素の量で変化する電気の抵抗値を計測してアルコールの状態を表すものです。

料金がお手頃価格なので携帯したい人にもおすすめです。ただし、劣化しやすいというデメリットもあります。このセンサーを使ったアルコールチェッカーを利用するのなら、一定の回数を計測のために使ったら捨てる、またはセンサー部の交換をして使用しましょう。

検査結果を正確に知りたいのなら、燃料電池センサーのタイプがいいです。呼気中のアルコールを酸化させることで上弦する電流の強さでアルコール濃度を検査するので、他の成分に影響されにくいという特徴があります。

定期的にメンテナンスをしておけば誤作動も起こしにくいので、飲酒することが多いドライバーにはこちらがおすすめです。デメリットは本体の価格もメンテナンスにもお金がかかるということです。しかし、これで安全と安心を確保出来るのなら必要な出費だと言えるでしょう。

 

アルコールチェッカーは飲酒をするドライバーや業務で会社などの車を運転する方にとって、今や欠かせないものになっています。設置型や携帯型など、自分で使いやすいものや企業が利用したいものを選択することが出来るため、吹き込み式やストローやマウスピース型など様々なものを見てみるといいです。安全のためにも、飲酒後はこまめにチェックすることをおすすめします。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧