【業務用・個人利用どちらもおすすめ!】警察・官公庁・法人からの導入実績も豊富な検知精度の高いアルコールチェッカー(アルコール検知器)を厳選!

スマホのアプリと連動できるアルコールチェッカーの便利な機能とは?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/10/22

重大な交通事故の原因として「飲酒事故」があげられます。

今だ飲酒運転や飲酒事故がなくならない理由として、体内に残る残留アルコール濃度が関係しています。体の中に残るアルコール濃度が低いと正常に動けると過信し気づきにくいものの、わずかに残ったアルコールが一瞬の判断力を鈍らせ大事故へと繋がるのです。

飲酒運転の取り締まりは年々強化され、厳しくなっています。そこで飲酒事故を未然に防ぐための方法として、一般の方にも普及し始めたのが残留アルコール濃度を調べられるアルコールチェッカーです。

呼吸器から濃度を調べるアルコールチェッカー

飲酒運転を防ぐためのアルコールチェッカーは、飲酒をしたと思われる人の吐いた息を検査することで体内に残るアルコールを検出するものです。アルコールを摂取すると胃や小腸で吸収されます。その後「門脈」という静脈の中に入り血液の巡りを経て肝臓を通過、その後全体の臓器に流れていきます。血液によって全身へ巡った後に分解されたアルコールは尿や汗などとして排出されるという流れになります。

ただ、肝臓にアルコールが送られるのには、さまざまな臓器を通った最終地点なので時間がかかるのです。アルコールが分解されるまでの時間には個人差がありますが、500mlのビール缶を3本飲むと約10時間の処理時間がかかると言われています

残留アルコール濃度には基準があり、ミリグラム単位で無害から注意そして要注意の段階に分けられているのです。吐いた息を検知した結果、定められている基準値が注意もしくは要注意の部類に入ったら体の中に大量のアルコールが残っていることが分かります。

現在法律で定められている基準は、呼気1リットルあたりアルコール濃度が0.15㎎/L残っている状態で運転をすると酒気帯び、酒酔い運転ということになり罰則が与えられます。事故を起こさなくても13点以上の減点と免許停止または取消しになります。万が一事故を起こしてしまった時には、社会的信用も失ってしまいます。

基準値を下回ってもアルコールが残っていると、正常な運転ができない可能性が高く事故率を高くしてしまいます。お酒を飲んだ翌日やお酒の好きな方は、アルコールチェッカーを利用し心配を払拭してから運転を行いましょう。少しでも心配が残る場合は、電車などの公共交通機関を利用し安全を確保しましょう。

手軽に調べられるアプリとして活用が進められている

これまでのアルコールチェッカーでは調べたいと思っている人が多くても、個人用の検査機がないもしくは多忙により検査を受けることができないといった問題がありました。従来のアルコールチェッカーの問題点を解消するためにさまざまな取り組みが始められており、その取り組みの中で最新の方法というのがスマホとの連動アプリです。

スマホ連動アプリは、アルコールチェッカーを作る企業の新しいサービス業態になります。仕組みとしてはアルコールチェッカーを開発している企業のホームページにアクセスして、メールアドレスとパスワードを登録して会員登録をするのです。

会員登録が完了したら、利用料金を支払うと企業から専用の採取キットが届きます。それと同時にパソコンもしくはスマホに、企業の専用ダウンロードページから検査アプリをダウンロードするのです。

ダウンロードが完了したらログインをし、毎朝に採取キットに呼吸器を加えて息を吐きます。息を吐いて採取キットに取り込むとすぐに検査が始まります。検査が終わると無線通信機能が起動し専用アプリの情報が伝わることで、検査結果がアプリで数値として見ることができるのです。

スマホアプリとの連動で健康状態を把握できる

アルコールチェッカーアプリのメリットは、専用キットに空気を吐くだけなので場所や時間を問わずに検査することが可能になります。場所や時間を問わないだけでも充分にメリットのあるアルコールチェッカーアプリですが、もう一つメリットを挙げるとすれば機能の一つとして記録を保存できることです。

お酒を飲むうえで、飲酒運転以外に厄介な問題といえば二日酔いです。二日酔いというのは、個人が消化できるアルコール摂取量を超えることです。肝臓で分解されたときに発生する毒性物質が神経を刺激することで頭痛や吐き気などを引き超す状態になります。

二日酔いは時間が経てば毒素が尿と一緒に排出されることで収まりますが、排出が終わるまでは長時間不快な気分で過ごさなければなりません。そして、許容量を超える飲酒は、肝臓に負担をかけてしまうのでできるだけ限度を超えないように飲酒をすることがお酒を飲む際の楽しみとして欠かせないといえます。

アプリとして送信をすることで、アプリにはアルコール濃度だけでなく濃度から算出した飲酒量も把握できるのです。飲酒量を把握できれば、飲酒した翌日に二日酔いになれば基準値を超えた量ということが分かります。基準値を把握できれば二日酔いにならない量もわかるので、その量を把握して飲み会などに参加をすれば翌日に二日酔いに悩まされずに楽しいお酒の席にできるのです。

 

アルコールチェッカーは残留アルコール濃度を調べられるので、飲酒運転を防ぐためにも絶対に行うべきです。そして新型コロナウイルスによりソーシャルディスタンスが重要視されていますが、このアルコールチェッカーアプリは複数の人間が共有空間にいなくても検査できるので安全性が高いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧