【法人(業務用)・個人利用どちらにもおすすめ!】警察・官公庁・法人からの導入実績も豊富な検知精度の高いアルコールチェッカーを厳選紹介します!

アルコールチェッカー【設置型・携帯型・簡易携行型】種類別に特徴をチェック!

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/24

飲酒運転ゼロを目標にして、点呼時のアルコールチェックが義務付けられました。必要になるのがアルコールチェッカーですが、設置型や携帯タイプなどいろいろな機器が販売されていてどれが良いのか迷っている人もいるでしょう。

センサーの精度や使い勝手の良さ、記録方法などを比較検討しながら自分に合ったアイテムを選択することをおすすめします。

設置型や携帯型・簡易携行型などがあります

アルコールチェッカーにはいろいろな種類があり、仕事で使用するのかプライベートで使うのかによって、選ぶべきアルコールチェッカーの種類が変わります。目的に合うものを選択するのが良く、設置型や携帯型など用途に合わせて種類を選ぶと良いでしょう。

業務用としてよく利用されているのが設置型で、このタイプは運送業やタクシー業といった事務所に設置されていることが多いです。パソコンと接続すると検査結果を記録することができたり、事務所では管理者が観察している前で使用することが可能です。

アルコールが好きな人は携帯型が自宅に置くのに便利で、息を吹きかけると簡単にアルコールチェックを行うことができます。携帯型は持ち運んで利用することができ、どこでも確認することが可能です。トラックやタクシーといった長距離運転が多い人におすすめで、パソコンと接続することができたり、記録することができます。急に運転する時にでもその場でチェックすることができるので便利です。

簡易携行型はチェッカーの中でリーズナブルな価格で購入することができます。個人で使用するのにおすすめで、パソコンやプリンターと接続しないタイプが多いですが、手軽に呼気中におけるアルコールを検出することが可能です。前夜に飲み過ぎたり運転する前にすぐチェックすることができます。プライベートの使用に適していて、一定回数を使い切ると廃棄するタイプが多いです。

半導体ガスか燃料電池センサーか選択しましょう

アルコールチェッカーにはいろいろな種類がありますが、精度を左右するセンサータイプから決める方法もあります。アルコールを感知してくれるセンサーは半導体ガスセンサーや、燃料電池(電気化学式)センサーなどに区分することが可能です。それぞれのタイプにはメリットがあり、自分に適した方法を選択することができます。

検査結果が正確なのは燃料電池(電気化学式)タイプで、呼気中におけるアルコールを酸化させることによって、上下している電流の強さを把握し、アルコール濃度をチェックすることが可能です。タバコの煙や薬に影響されにくい特徴があり、正確に測定することができます。定期的なメンテナンスを行うことによって誤作動が起こりにくくなり、お酒を飲む回数が多いようなドライバーにおすすめです。定期的なメンテナンスにややコストがかかったり、本体価格が高価なものが多く、事務所などでよく利用されています。

半導体ガスタイプは安く手に入れることができ、使用頻度が低い人におすすめです。半導体ガスタイプは酸素量により変化する仕組みになっていて、電気抵抗値を計測するものになります。手頃な価格で購入することができ、それほど頻繁に使わないような人に向いていると言えます。やや劣化しやすい特徴があり、センサーを使用したチェッカーは一定回数を使用すると捨てたり、センサー部の交換を行うことが多いです。

センサーの寿命や大きさも大切です

チェッカーのセンサーには寿命があり、指定された検査回数をオーバーすると利用できなくなります。購入する際何回検査することができるか確かめておくことをおすすめします。

使用頻度が高かったり、たまにしか利用しない人もいますが、センサー寿命がなるべく長いものを利用すると便利です。センサー交換ができるなら、寿命を迎えながら取り替え長く使うことが可能です。

ストローやマウスピース付きのものがあり、より正確に検査することができます。ストローやマウスピースなどを利用して確認するタイプは、息を吹きかけるタイプのものより空気の環境を受けにくく、高精度測定を行うことが可能です。呼気だけでも出やすいですが、ストローの両方にも対応した種類だと状況に応じて確実にチェックすることができます。

スマートフォンやアプリと連携することができるモデルが便利で、検査結果をスマートフォンにおいて管理することが可能です。記録できないタイプでも機能があると便利に利用することができます。アプリと連携するとアルコールが抜ける時間を知らせてくれるものもあり、外出先で確認することが多い人におすすめです。

携帯する場合は大きさのチェックも必要で、例えば胸のポケットに入るぐらいのサイズなら携帯しやすく、持ち出すことができます。携行型の場合は持ち運びしやすいコンパクトな大きさになっています。厚みがあるとポケットに入りにくいので、サイズ確認を行っておくと便利です。

 

アルコールチェッカーには設置型や携帯型・簡易携行型などがあり、半導体ガスか燃料電池センサーか選択することが可能です。センサーの寿命や大きさも大切で、仕事やプライベートなど自分に合ったアイテムを選択することがおすすめします。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧